多くのゴルファーは スウィングをする際、
下半身でリード、下半身から動き始める と思っている

本当にそうなのか、人間の自然な反応で考えてみよう。

ローテーションで振ろうが、振るまいが
テークバック〜トップ〜ダウン〜インパクト
この時間、区間ではゴルフクラブは
体の右側にある(重さが掛かる)

体を雑巾絞りの解放、消しゴムのひねり戻し
のように考えているとしたら
体の右側に重さのある状態で
それを解放したら、一体どうなるのだろう?!

457d8efa

ちょっと 話は飛ぶけれど
ロフトを増やしてインパクトする
一番簡単な方法は
両肩の高さ関係、位置関係を替えて
右肩の方が低い、左肩の方が高い 状況を
作ってあげる事である。

上の写真であれば、20度も30度も
ロフトが増えている状況であるから
製品ロフトが8度であっても
実際のロフトは30度近くになってしまう。

それを 腕さばき、手さばきで
許せるロフト(使えるロフト)に調整するのは
かなりの訓練が必要だろう

そのインパクト時のロフト調整 が
体を痛める最大の原因だと思う。


ゴルフスウィングのタイムスケジュールで言えば
インパクトは概ね 左右平行(同じ高さ)
となれば インパクト以前までは
左肩の方が低い、右肩の方が高い
そんなタイムスケジュールな筈である。

始めの話に戻って ゴムを巻き戻すような
解き放つような動きをしてしまったら
左右の捻じれに 上下の捻じれが複合してしまい
重さの掛かった右側が必ず下がってしまう

20090801 2009_08_31_23_13_36-320フレームショット

俗に言う ダウンスウィングを左脚なり
腰から行ってしまったのでは
必ず右サイドは下がってしまう。

例えば 上半身と脚が同時に 
動いたとしても 動画では
一番先頭に動く 左脚が先に見えてしまうのでは
無いだろうか
特に 正面から映像を取った場合
脚ははっきりと画面の左右の動きだけれど
上半身は奥行きの動きに見えるわけだし…

正規のロフトでインパクトする
これを達成するには、左肩が低いうちに
右肩が下がる前に インパクトを迎えてしまう
ことが非常に重要だし
そうならないコトは すべて避けるべきだと思う。

ハミングバードでは ゴムの巻き戻し
と言う発想では無く 落下に近い のが
(クラブの落下と言う意味では無く
 打ち手の動作としての落下)

ダウンスウィングだと考えるし
それが前傾姿勢の作り出す 左右の高さ(上下)
そして クラブの構造の決定的な部分だと思う。

その為には イメージだけでも
下半身(脚)先行ではなく、上半身(肘)先行
だと考えている。

最終的に体を左に向けるのには
左脚を軸足にしなければならない。
トップオブスウィング〜右脚の上に乗った状態で
左脚を動かせば、10数キロある一番重要な頭は
右脚の上から本能的に動かすことは出来ない
これでは 下だけ左にズレ、頭は右に残る
体重も当然右から動かすことは出来ない。
左脚上がりを自主的に作っているのだから
ロフトが大きくなってしまうのも仕方がないだろう