初めて お店にいらっしゃって 悶絶クラブをお作りに
なられる方。。。 悶絶クラブによって どの位
悶々とした日々を過ごすか の目安は

☆肘が外に張れているか

⇒胸に対して、左肘と右肘の高さ関係が
 右肘の方が高いかどうか(トップの位置で)


まずは そこに注目します。

20090801 2009_08_24_23_31_25-253フレームショット


肘が張れている人、高さの取れている人は
比較的容易に 短期間で 素晴らしいとは言わないまでも
悶絶度合いは薄く、飛距離に苦しむ程度
(飛距離が一番重要かもしれませんが。。。)
amature
逆を返せば 右肘が動かせていない 高さの取れていない人は
シャフトの柔らかさ、ヘッドの重さ その方法に苦しみ
クラブの重さと長い時間格闘することになります。

2007wo88

両腕が良く上がっていたとしても
左肘の方が高かったり テークバック時の
両肘の移動量・運動量が明らかに左肘の方が
多い方は その部分に着目すると良いでしょう。

左肘が多く動いてしまう その原因は
体の向きを横着し、左腕でクラブを体の替りに
動かしてしまうコトに有るので
ココの部分は重要です。

ここまで上げてしまっていると
体の仕事を 左腕一本で代替えしてしまっているので
体で受け止める筈の負荷が左腕が受けてしまうので
故障の原因になるのでしょう

ゴルフをする上で、一番不器用で 非力な左腕に
脚で行う体の向きの変更〜横の動きを代替わり
させてしまうコトは 早い段階で芽を摘んでしまいたいですね。

lesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショット

もう一つは このアングルから見た 動画。。。

手・グリップの動いて(移動)行くラインに対し
ヘッドの動くラインが 上下どちらにあるか です。

手は親指が上、小指が下です。
クラブは手の上側に位置する存在

フルスウィングし クラブが重くなった時はさておき
少なくとも素振りやイメージでは
手の上で持っているクラブ、その先端にあるクラブヘッド
それが その手の移動する斜めのラインより
下に入ることは 理屈上はありえない のですが。。。

上を通せている人は 比較的早い段階で
悶絶から離脱する傾向にあります。

ゴルフ用語でいう シャフトを寝かしているか否か
は ココが境目で 手の通るラインより 下側は
手よりも低い位置にある訳で。。。これを寝かす
と言います。
今流行の「オンプレーンスウィング」は
手とヘッドのラインが重なる と言う意味だと思うのですが
素振りやイメージの段階で 幾分上を通しておかないと
スピードの二乗分重くなるヘッド
そして重くなると長くなるクラブ その分だけ
ヘッドのラインは下がり
ヘッドラインが下がると その分手の通るラインは
上がります。 ダブルで 寝る作用が働く と
ちゃんと想定しているのでしょうか??
クラブは 動かせば 移動させれば
始めの重さ 始めのベクトル(クラブの行きたがる方向)に
変化が生まれる のは冷静に考えれば
割に簡単に理解出来る事だと思うのですが…


右肘の張り、左右の肘の高さ関係(胸に対し)
そして クラブを寝かさない
 手の通るラインとヘッドの通るライン

この二つは共通する話ではあるのですが
悶絶を離脱する人には共通して、クリアしている部分です。
参考までに。。。