ゴルフクラブの扱いから 円
 極力 曲線になるような動き を排除し
クラブの構造を活かし、出来るだか不必要な筋力を使わず
動作そのものを クラブの重さや不可抗力にって
行わせ 一度覚えたら 運動性能の低下に関わらず
安定した弾道、人並み以上の距離を打つ
為のクラブ扱い の事を指す

難しい言葉にすると こうなるんだけど
刷毛塗は ごンごろさんの書く通り
クラブによって 場面によって 替える必要が無い
全てのクラブ扱いの基礎になる動き です。

肘の クラブ自体を横にスライドさせる動き によって
胸の幅、体の幅 分 クラブを移動させる。

20090801 2009_09_01_01_25_27-346フレームショット

肩の揺さぶりでは無く、肘のクランチ 上腕の上げ下げ
によって クラブを横にスライドさせる 動きで
この動きは クラブが下を指している状態のイメージよりも
胸の高さで行う イメージの方が より実践的 だと思う。

まずは アプローチ・パターでミッチリ覚えて欲しい

それによって このクラブ扱いは
直ぐに スコア向上に直結するようになる。
振り子によるアプローチでは無く
刷毛塗のアプローチは ロフト ライ ヘッドの高さ
それぞれの変化が穏やかで
非常に安定して使えて アプローチにアリがちな
トップとダフリのミスを一気に解消出来る。
番手を変えない限り アバウトではあっても
均一なインパクトロフトで打てるようになれば
少ない練習量でもすぐに距離感を掴むことが出来るようになる。

速くないヘッドスピード、であっても
ボールを上から打て 捕まえられるようになれば
フルショットへの道は開けてくる。

簡単な方法によって、プロのようなスピンの効いた
アプローチを打つことが可能で、逆にスピンを効かせない
打ち方の方が難しくなってくるし、具体的に
特別なスピンを効かせる打ち方 なんてものが存在しない
と気が付くようになるだろう。

右肘でクラブを持った左手を押す
クラブを押すのとはちょっと異なる。

その小さな違いが 大きな違いを生む。

20090801 2009_09_02_19_13_32-590フレームショット


右腕を伸ばした時に クラブの位置が移動するのでなく
シャフトの角度で変るのであれば それは「刷毛塗」ではなく
クラブの縦のローテーションである

それでは ヘッドが重い効果 シャフトの柔らかい効果は
殆ど発揮されず、その小さなストロークの刷毛塗は
フルショットには反映されない

刷毛塗が 前傾姿勢のある向きの変更 と クラブの形状
によって フルショット時のオートマチック性を作っていくので
今一度 鏡也 ガラスを見つつ 素振りして頂き
アプローチ也 パターを練習をして頂けると
良いかと思う。