鼓笛隊打法。。。なんだか 懐かしい響き〜

基本は ロフトを正しく使うコト
 ヘッドを移動したライン(上下)
 入射角度に対するライン

これに対して 製品ロフトを維持(キープ)する
このラインに対するロフトが 正規なインパクトロフトです

006


フェース面がボールを上から見て
インパクトに入ってくる

これが ボールを上から打つ

 もしくは ボールを潰す

と言うコトです。

それをするのには クラブ を
体の幅に収めておかなければ 無理があるので
次の項目も必須 パックと言っていいかも
しれません。

ggr


そして 体の向き 股関節から上の
 骨盤〜上半身 を
上半身を捩じるコト でなく
一つの塊として上半身を脚で動かすコト

この二つを守ることです。

正直 あまりどこかのポジション(場所)での
体の姿勢とか 厳密にする必要はありません。

まぁ それを守るのには
両肘の使い方
 外に張り 上腕を上げる クランチの使い方
必須になるとは思いますけれど。。。

うまく行かない方を見ていると
この クランチ が上手く出来ていない

この 肘の使い方だけでも …とりあえずは
覚えていくと良いと思うんですけどね

それには テークバックに
しっかり 右肘を外に張る
・・・野球でいうトコロ キャッチャーのスローイング
のような姿勢にすることが重要かと思います。

多くのゴルファーが テークバックを左手で
しかも ヘッドの重さを反動で利用する
腕やクラブを体に巻き付ける方式を
取っています。

タイミングやリズムもあるので
そこを替えるのは容易でないのは分かるのですが
そこが 鍵になりますから
そこは 怠らず 意識して貰いたいです。

BlogPaint

例えば イメージなのですが
アドレス時の 右腕 のラインに沿って
右腕に沿って 段ボール也 壁があったとします。
それの内側 その中で腕を動かしてほしい

確かに体の向きが変りますけど
腕を グリップを 円で動かしたら
長い棒の先に重さの付いてクラブは
それよりも 更に 円になる上
腕の作る円 と違う 二重の二種類の円に
なってしまいますから。。。。

そうですね 最終形 って訳じゃ無いですけど
まず 腕でクラブを真っ直ぐ 自分の方に引きつけて
それから 向きを変える
って 順番にしてみたらどうでしょう?!

テークアウェイは クラブに遠心力のエネルギーや
なんか チカラを溜める って行為では無く
クラブの長さを短くし 軽くし
 格納する動き と言う風に把握して貰えると
動かし方も変わってくるのではないか と思うのです。