例えば こんな風に見てみたら。。。


imageCA19VSPF

このアドレスであれば
明らかに 左手の手首を支点に 
打った後 クラブを跳ね上げる事になります。

ボールの位置も中、真ん中 位のセットになりますし
球数を打つ(練習)なら まだしも アマチュア であれば
体重移動が悩みの種になるのは間違いありません。

(このセットアップでは 左に体重は移せない)

ドライバーはそこそこ得意でも
地面からボールを打つクラブは トップのミスが増えますし
アプローチはあげるショットが中心になってしまいます。

典型的な煽り打ちタイプ になるのですが
右腰 左肘に故障の可能性を秘めています。


111025_100249

最近 増えてきている アドレスです。
パターと打つのと同じく
へそから下を動かさない
一番 故障の誘発しやすい セットアップ です。

このセットアップでは 体の重い部分が
自分の足、靴よりも 前に掛かっています。

意図的 反意図的に係わらず
クラブを振れば クラブの遠心力は
画像上 左 ボールの方向に掛かりますから
クラブに自分が左に(ボールの方)引っ張られますので
打つ際は 必ず 体を起こすことになります。

アマチュアがこのアドレスを真似ると
口酸っぱく アドレスの前傾 と言うことを
気にすることになるのですが
いざ 打撃をする となると
それは 全く無意味なモノになる訳です。

no title

前傾姿勢が まったくの ポーズ でしかない

457d8efa

それが お分かりになられると思います。

オンプレーンスウィング とは
練習量を維持し 運動性を維持しない限り
ダフリトップ スライス 引っ掛け の繰り返しで
練習を維持し続けると
体も傷めるおまけも付いてきます。

スナップショット 1 (2012-07-27 13-10)

このセットアップから スタートすると
想像通り 俗に言う アウトサイドイン軌道
カット打ちに当然なります。

軌道が問題ではなく アドレスが問題なのに
アドレスでは無く 軌道を修正すると
無理やり インサイドアウトにするのでしょうから
腕のひねりを使って 打つことを推進して
行くことになり 間違ったコトを間違ったコトで
修正する 無限地獄に陥ってしまうのです。

女性であれば 途中 レッスンを受けたりし
色々と修正が入ると思うのですが
この初期時の グリップを覚えてしまっていると
必ず このアドレスが疲れてきたり
ラウンド中に顔を出すようになります。

ゴルフは 実はラウンド、コースに出れるまでの
覚え方、クラブによって
ある程度の未来が決まってしまったりします。