Q:ロフト角とバンス角の機能について、
疑問が出てきてしまいました。





ロフト角:クラブの推進力を「ボールの推進力」
と「スピン」に振り分ける

バンス角:クラブの入ってきてほしい方向を示す
 & ボールの打ち出し方向(高さ側)を決める

と感じました。
そうすると今までの知識等とか色々疑問点が出てきました。





   「バンス角が大きいほど、インパクト時にヘッドが
跳ねる力が大きくなる
(バンカーはこれを利用してエクスプロージョンさせる)」は大嘘?

   クラブを地面と平行に動かしたら(円運動の最下点で打つも含む)
バンス角は邪魔にしかならない?

   逆にクラブの位置エネルギーを利用しようとしたら、
どの番手でも絶対にバンス角は必要?

そうすると、ウッドは?





5381cd3c-s


A:お手紙有難うございます。

ロフト角度 バンス角度
ともに 誤解されている部分が
少なくないと思います 

.丱鵐ーショットも 普通のショットと変わらず
 何か 特別な方法がある訳でなく
 普通に対処するべきだと思います。
 ただし それは クラブにボールを飛ばすだけの
 しっかりした破壊力=ヘッド重量が備わっている
 場合にのみ 言える事かも知れません。
 市販の 290g程度のヘッド重量の
 サンドウエッヂで 普通にバンカーショットをしたのでは
 ボールだけの負荷だけでなく 結果として
 砂などの異物も除去しなければならない場合
 ヘッドを必要以上に振って スピードの加算で
 ヘッド重量の少なさを補う必要があるのかも知れません。

 バンス角度は その角度分 地面に対し
 ロフトの立った状態で ボールに接触します。
 つまり 正しくは バンスは地面と平行
 バンス角度分 地面に対しロフトの立った状態で
 インパクトする そんなイメージが必要です。

 一般に言われている エクスプロージョンでは
 バンスは ボールを打つ前に使われる
 そんな感じですが、正しくは バンスは
 打った後、必要以上に地面にクラブがめり込まない
 と言う為のモノです。

 厳密に! と言う訳では無いので
 大嘘! とまでは言いませんが
 どうやって ヘッドを入れて来るのか
 という 事前のイメージでは 正しくは無いと思います。

▲好Εング中 肘が曲がる ということは
 腕が短くなると言うコトです。
 肘を使ってクラブを 大きくではなくとも
 動かせば クラブヘッドには 円運動と言う意味では無く
 位置エネルギーが発生します。(上下に動きます)

 刷毛塗で誤解される部分は
 肘のさばきによって クラブを胸に対し平行に!
 と言うフレーズがあるのですが
 小さなアプローチであったとしても
 スウィングには 前傾姿勢 というのが存在する
 訳ですから ボールを打つ前の状態と言うのは
 右=高く 左=低い
 そのことを 忘れないで下さい

 ですから 胸に平行に が そのまま
 地面と平行とは ちょっとニュアンスが異なります。
 スウィング中 胸が 地面と平行になる機会は
 アドレスを除けば一度しかなく
 それは意識する必要というか 意識してはイケナイ
 と思うのです。

 即ち パター等の本当に肘さばきだけ で
 行った場合でも 腕の長短の変化によって
 上下移動があるのですから
 必ず クラブヘッドは その量に関わらず
 上から入ってくるものです
 (フェース面が ボールを上から見て)

 ですから 書かれている通り
 
地面と平行にヘッドが動く
 と言うことを バンスの存在そのものが
 あり得ない行為!
 だよ と言っているのと同じです。

IMGA0238


ハイ! 全てのクラブにバンス角度は必要です。
 ハミングバード オリジナルのアイアンでは
 5番アイアンであっても 5度前後のバンスが存在していますし
 ウッドであっても ソール面には曲面が付いていて
 入射が緩い分を計算に入れた バンス「角度」が
 存在して ミスの軽減や安定したロフト角度形成の為に
 働いています。

 L型ブリストルパターにも バンス角度を付けています
 ・・・実は このバンス角度が このパターの秘密
 だったり するのかも・・・

IMGA0234


 特に 45度の以上のアイアンの場合
 このバンス角度が 安定した距離の決め手になりやすく
 ウエッヂであれば ロフト角度 引くことの バンス角度
 が 機能としての 本当のウエッヂロフト と言えるのかも
 しれません。

 重量が一番 
とは言えども
 弊社の サンドウエッヂは 16度を超えるバンス角度を
 設定しているのに まだ どなたからも
 バンス、バンス角度のせいで 跳ねて 使い難い
 という声を聴いたことはありません。

80060a6c-s


 365スペシャルウエッヂには 18度と言う
 超ド級のバンス角度 バンス幅が設定されていて
 これが アプローチマシーン として
 大活躍する要因の一つだと思います。