ヘッドの重さの使い方・・・・???

正しくは ヘッドの重さに使われ方
(なんか変な日本語ですけど)

イメージ の話だけれど
体を動かさず そのヘッドの重さを動かす
と言うコトになると その接続ポイントである
腕でクラブを振る というか 動かすことなるだろう。

体の大きなパーツの中で
もっとも小さな筋肉で しかも直に重さを
持っている部分。。。

動かせば その作用・反作用に勝てない筋力

結局は 一番先端にある 重さに振り回されることになる。

ゴルフクラブは 回転(ローテーション)方向にも
対称 ではない形状をしているから
かならず その非対称さは体への歪みになってしまう。

近年、軽くなったヘッド・硬くなったシャフト
(正しくは 安くなったシャフト) のお蔭で
肘や手首だけでなく、首まで傷めるゴルファーが
少なくない

ssng

本当のクラブヘッドの重さの使い方は
ゴルフクラブの形状や重量配分、ヘッドの形
それを使って、体を動かされるように
することであって、それを理解し、覚えてしまえば
自分で 意志を持ってアクションする必要は
殆どないと言える。

例えば ダウンスウィングと呼ばれる 時間帯で
クラブヘッドの重さを使って
グリップを動かし、そのグリップを動かすことによって
右に有った重心を、左に移してしまう(シフト)
そんな事も可能な 形状なのである。

クラブヘッドの重みで ヘッドを落としてしまったのでは
ヘッドが自分の方へ鎌首をもたげている理由が
無くなってしまうのだ。。。

腕も含め クラブが長くなる
⇔ 自分から クラブヘッドが遠くなる
ことは クラブが重くなるのと一緒で
そこにかかる遠心力も 同時に増えてくる。

トップオブスウィングは
重力に対して クラブが一番短くなる時間帯で
それが 徐々に長くなり
例えば ドライバーショットでは 一トン近くかかる
インパクトの重さを 長くなったクラブの
遠心力が 自分の体の回転を補助し
その重い重さをどかしてくれる 訳だ。

それを インパクトまでに クラブを長くしてしまい
遠心力を使ってしまったのでは
その 円軌道は 外に引っ張られてしまい
円の軸点は 右にずれてしまうし
その重さと筋力は 打つ前に闘うコトになってしまう。

クラブをインパクトまでに長くして
横であっても 縦であっても 斜めであっても
円に 腕で振ってしまっては
クラブが重くなってしまい 長くなり 更に重くなる

そうなれば 自分の体に対し
右側に 重さが発生してしまうから
自分の意志で体重を左にシフトしたくても
その「おもり」があなたを引きとめる。。。

ドラムショット


ちょっと 分かり難い表現かもしれないけれど
ゴルフクラブを動かす その不可抗力に
よって よくも悪くも あなたは動かされてしまうのだ。

ゴルフクラブのその重量配分と
形状をよく考えていくと
自分がどのように動きたいか ではなく
どう動くために クラブをどこの位置に置くか
どの姿勢にしておくか と分かるようになってくる。