ジャックニクラウス、リートレビノ。。。
ニックプライス、マークオメーラ、ジョンクック
カーチスストレンジ、クレイグスタドラー。。。
アニカソレンスタム が引退した辺りから

アメリカを含め アマチュアのおじさんが参考に
するべき ゴルファー クラブ扱い スウィングを
目にすることが無い。。。

体の回転 脚さばきでボールを打つプロが
殆どいなくなってしまい 腕周りの「カイナチカラ」で
ボールを打つ時代になってしまった。

2008042814282476274

プロゴルファーだけでなく アマチュアのスウィングの
変化も クラブの変遷と関係が深い

ヘッドの大型化 重心距離の増加が著しい時代は
やはり 体の向きでボールを打つのが主流で逢って
個人的には アマチュアに望ましい時代が来たなぁ
と思っていたのだけれど
タイガーの出現〜ナイキへの移籍 辺りから
時代は 軽いヘッド 硬いシャフトに移行を始め
軽量スチールシャフトの出現が決定打で
制限されたハンドターンや 意図的なカット打ちが
主流になってきて スライスし難い現代のゴルフクラブ也
の 手打ちが完全に定着してしまった。。。 

アマチュアの体の痛みも
恒例の腰 や 肘、手首だけでなく
最近では 首や背中を痛める人も少なくない。。。

体の向きと腕の振りを 別なタイミングに動かす
現代の手打ちは体や関節に負担が多いばかりでなく
軽いヘッド 重心距離の短いクラブ
中空度合いの強い吸収性能の極度の低い軽量スチール
この最悪の組み合わせが
高齢や運動性能に自信のない方を苦しめ
初心者層から ゴルフへの魅力を奪い取る。。。

ゴルフ受難の時代に入った訳だ。