クラブを振る・・・
とは どんな状態を指すか というと
クラブが ダイナミックに 斜めに傾いた円を
描いて移動する この動き
これの 殆どの原動力は
脚を使った体の向きの変更

この支点… 軸になるのは 使う人の背骨だから
そこよりも離れた所にあるものは大きく動く

20090801 2009_09_01_00_16_52-798フレームショット

グリップ と ヘッドの運動量は
説明し難いけれど、その円分の比例の関係にあって
腕によって動かされる分は多少はあれど
その長さ分の比例関係であることに変わりはない。

ヘッドの方が グリップよりも 明らかに
たくさん 余計に動くこと 
 それをクラブを振る動き と言うのだけれど
クラブを下に振る動き なんかは その最たる例で
前傾姿勢が存在すれば ベルトの高さにある筈の
ボールを 靴の高さまで落として振れば
ベルトより下で ヘッドを 体の回転とは別個に
斜め下に円を創らなければならなくなる。。。

o07110508

クラブヘッドは 握っている棒よりも
右側に重さが偏重しているが故に
グリップの移動量と ヘッドの移動量に
その延長線分以上の 差が起ってしまうと
右に回転をはじめてしまう⇒ロフトの開く方

となれば 今度はヘッドを左に回転させる
必要が発生してしまうので そこにも
ヘッドの横長分(トゥ〜ヒール方向)の小さな
円弧を作ることになる。

正しい 正しくない 方法に限らず
◆体の向きの変更の大きな円
◆クラブの長さ分の中くらいの円
◆ヘッドの長さ分の小さな円
と複合する三つの円を同時に作らなければ
いけなくなるし
困ったことに そのそれぞれの三つの円は
方向や掛かる重さ(負荷)は異なるし
当然 それぞれ 相互影響というか 干渉し合う。

クラブは 重くなれば 円はデカくなり易くなり
円がデカくなれば より遠回りで時間がかかり
自分の想定している筈の 円弧は
だいたいの場合 進行方向〜飛球線方向と
真反対の方向に膨らみ 全体も右にずれる

当然 その負荷は 打ち手の動作にも影響し
右に膨らむ等 重さが掛かれば
例えば 左にシフトしたくとも 不可能になる

前傾姿勢のあるアドレス
その骨盤から上 股関節から上の胴体を
捻り 捩じり を入れることなく
一つの塊として 脚さばき
・・・もしかすると 膝さばきかも?!
で 動かすことの出来る向きの変更
これが クラブの上下の殆どを司っていて
ボールを打撃することも 目標の方向に
飛ばすことも 同時に行っているのに
ボールが下にある 地面にある
靴の高さにある という ある種の錯覚で
クラブを下に振ることが
イコール 前傾を失うことや体を捻ることにも
つながってしまうので
中途半端な出来方はなく 下に振らず
体の向きを脚で行った結果 体重移動や
前傾の維持も同時に上手くいくか
下に振ることによって 体にもヒネリが入り
前傾も体重移動も失うか
そのどちらかになるのだと思う。