グリップ・・・ グリップの仕方には
理由と言うか それぞれの人の「必然」があって
グリップを全く違うモノに替えるのは
その「必然」に当たる それぞれの人の
クラブの動かし方がある限り 必ず 元に戻る

imageCA19VSPF

例えば このように 左手がフック
右手だけ形式上 スクエアっぽく握る人は
テークバックの、始めの一歩の動きを
左腕のローリングから入りたい という表れだし、
この左手をスクエアに替えたとしても
数球でその動きのし易い 元のグリップの戻る。

全体をフックグリップのしている人も
左手の動きでクラブを動かしたいし
フックグリップのよって 右肘が自分を向いていれば
直ぐに右腕を畳めるので 動きがしやすい
という理由 からの 必然と言えるだろう。

駄目なストロークの代表

殆ど同じコトを言っているのだけれど
今度はショット・ストロークの話。
上の絵は ハミングバードを除く 一般的な
パターストロークを図解しているもの。
ハミングバードでは パターストロークに体の
回転よりも 肘さばきでのクラブのスライドを
お薦めするけれど 上は ショルダーストローク
という 振り子の動作である。
パターストロークで体を使うべきかの論議は
割愛するけれど このショルダーストロークは
立派な腕の動きであり 普通のショットでも
体の回転を肩甲骨を中心とした肩周りの動きで
するゴルファーはものすごく多い。

肩甲骨... 特に左腕の動きでテークバック(アウェイ)
をショルダーストローク 肩の回転で行うと
体が捩じられ 背中が引っ張られ
ちゃんとした脚での回転よりも早めに
体の張りを感じることになる。

体が堅い と嘆かれる方が少なくないけれど
これは それが正常で
背中には 体を引き臼のようにまわす関節や機能は
殆どなく いくつかある軟骨部を歪める形で
よじっているに過ぎないから 出来ないことの方が
正解なのである。

4190-1-2

正に このテークバックがそうである
肩甲骨を捻っても 体の芯の部分は動いていないから
当然 90度なんか絶対無理。

自分で 腕を使わず 肘も伸ばしたまま
前ならえの姿勢から 肩周りだけで 疑似テークバック
を取ると分かるけれど 疑似的なテークバックや
トップの位置では 両手の長さが合わなくなる
左手の方が長さが足らなくなる筈。

両手のひらを合わせた状態で
骨盤 秀二 お尻を脚の動きで回せば
両手のひらをずっと合わせたまま 向きを変える事が
出来るけれど 肩周りの動き 体のヒネリで
行っていると 常時 腕の長さを調整する必要が
出てくるはずだ

それがグリップの仕方の違いになったり
左右のグリップの上下への離れであったり
アドレスの姿勢へとつながっていく

スウィング中の動作であっても
肩周りや体のヒネリで 疑似回転をしている人の
両肘さばきは クラブさばきでは無く
単に 両腕の長さ調整の為にある と思う。