「マイゴルフ トレ」と銘打たれた動画には、
何やら2体の怪しい物体が蠢いています。


注目すべくはそこではニャく、店主のこれまた怪しげな動作です。


両足をやや広めに、両のつま先はかなり
外側に向けられています。その状態から「右、左」と
膝を深く曲げ上体がシフトするような動きが見てとれます。


ご本人は「トレーニング」と称し、
何とな〜く、軽〜く動作しているように見えます。


さっそく店主の動きを見よう見まねで実行してみました。


姿見の前で「右」→「左」。また「右」・・
 「ひだ〜〜 り」.....

 んっ?


なんか違う、おかしい...? 膝の曲がる角度、左右に動ける量が
店主の行うそれとは明らかに異なっているのです。

さらに右に回転(こんなに右向くの?)
左にシフト(こんなに左行く??)していますが、
同じようには動作できません。


『“シフト”ってこんなに動くの?』


『“向き差”ってここまで作らなきゃいけないの?』


店主の動画にも驚きましたが、
その動作ができない自分にも驚いてしまいました。


と、同時に今までいかに「下半身」(秀二も含め)を
使えていなかったか、ということに気づき愕然としました。


振り返れば、ラウンド中にミスヒットが出た時は、
決まって打ち終わった後に左足が後ろに引ける、
いわゆる「明治の大砲」になっていたし、
腕さばきを中心としてショットを構成していたので
「再現性」が非常に低かったような気がします。


確かに右肘、クラブのスライドも大事な動きではありますが、
それよりもっと大事なのは脚(下半身)の

回転を伴わないスライドなんですね。


インパクトのイメージも、グリップが体を
追い越したような半ば強引な「ハンドファースト」を作るのではなく、

アドレスで左足踵のラインに置いたボールを、
インパクトで体の中心までもってくるような「シフト」が必要だった訳です。


頭では分かっているツモリだったのですが、
頭の中にあるイメージと実際の体の動きとは大きく乖離していたようです。


でも、youtubeのスイング動画で
店主や達人達の動きを観察すると

「そんなに大胆に(大きく)動いてはいない」

ように見えるんですよねぇ〜。


ブログの記事にもありますが、
やはり視覚情報からスイングを学ぶことはできないようです。


・その場でクルッと回っているように見える


・下半身が先行してクラブを遅らせて打っているように見える


・腕を縦に振って(キャスティング)ボールに届かせているように見える


だけであって、実際にそれをイメージして打ったら

“絶対に”うまくいかないでしょう。



こうやって打つべき、こうやって打っているハズだ
という固定観念を打破しない限り、

大人の...いや、オモチャの鼓笛隊は現れてくれない気がします。


現在、また一からやり直すべく脚を使った体の向きの
変更(シフト)の練習中です。



MOL061_Sc


<スナップ写真を>


・右にシフト。右膝が割れようがお構いなし。思いっきり右へ。


・向きの変更。秀二が右太ももに挟まれてうっ血しようがお構いなしです。


・左へシフト。飛球方向へ背中が向き、左膝が体の部位で一番低くなることをイメージ。


・インパクト。左足首がこれ以上曲がらないっていうくらい深いイメージ。秀二は左太ももに挟ま
れうっ血しています。





<動画>


この人、いったい何処に行くのやら・・・(笑)