このブログを読んでいくと、
バンカーショットのコツとして、
ライ角を保てというアドバイスがたびたび出てきます。


私は、ライ角を保つためには、
左のグリップをしっかりと握り、右の指で引っかけて、
ヘッドが下に垂れないようにしてました。

実際それでも結構出るのですが、
本当に偶然なのです。


少し、しつこく説明すると、この段階では、
左の肘から手首へ伸びる線とシャフトは
ほとんど直角の角度にして、ヒザを深く曲げて、
というとまた誤解があるので、ヒザを前でなく
空気椅子のようにおしりを落とし、
バンカーショットしていました。
バンスはヒールからネックの身体側を使うというように、大きな誤解をして、得意になっておりました。これでボールがバンカーから出て行くのは作者のまさに想定外でしょう。

ライ角を保てというのは、

1.       飛球線前後方向では、クラブがグリップからヘッドまで、重力に従って垂れていて、

2.       スコアラインを水平にするようなライ角を持たせて、指先でしっとり挟む感じに持って、

3.       右肘によってクラブを始動して、クラブを移動して、反動を付けずに元の場所に戻すこと。

ということでできるのですね。


腰の前傾があるから、ベルトラインは前傾していて、
それに沿ってグリップが移動すれば、
自然にヘッドは地面から離れていき、
同時に、高さも稼いでくれます。

その高さから、ベルトラインにそって、
もどるべく、最初にクラブを持ったグリップ
から動き出せば、ほら、スタートした場所を、
止められない速さで通過しませんか?


そしたら、絶対にライ角変えてないですよね、
自分では。変える必要もないはずなのです。


 IMG_0002


ここで、ちょっと私のポイント。
振り幅、力感、実際の飛びの関係が、
軽いクラブよりも急激な変化率?
(おわかりいただけるでしょうか。)
になることは転向してきた方は皆気づいていると思います。

少しだと、動かないし、
ちょっと大きくしたら思ったより飛んでしまったあ、
そんな感覚で、ビビリますよね。
思わず飛んでしまう大きさが出たら、
クラブのエンジンを使ったということですよね。
その力源は重力です。

 

賢明な皆さんなら、左手を使ってクラブを押して、
ヘッドを右に送ったり、右肘を身体に引きつけて、
その行き場がないブレーキをかける動きでヘッドを
右に振ったりしたら、ライ角を保持していないことはもう分かりますね。

 

問題は、分かっているけど出来ないことですね。
その理由はいくつもあるけど、大きなもののひとつに、
もともと培ってきた力感と飛びとの関係の感覚を
断ち切れないことにあるのだと思います。
もちろん片方が大きくなれば、
もう一方も大きくなる比例関係にありますが、
その傾きがどうも受け入れられないのでしょう。

特に家でアプローチとかで練習していたら、
飛びすぎ、ダフリを繰り返したりして、
どうしようもないと嘆くか、手先でスナップ入れて
擬似的にやる方法に走ると思います。

私の場合、ここを抜けるのに特効薬は
なかったように思いますが、
ボールの打感を頼りにしています。

あの打感が遅いスピード、小さな動きでも出るには、
相当アドレスが完成形に近づいていると思いますが、
クラブをぶらぶらさせず、
ある程度ソリッドにグリップして楽しい打感
を楽しめれば、
強弱もカラダの中に入っていくのではないでしょうか。


ちょっと試してみて欲しいところです。
もしダメだったらごめんなさい。