多くのアマチュア… プロも含めて かな?
初めての段階とか、どこかの段階で
誰か もしくは 何か から グリップの
方法を教わる

けれど それを ずっと 実践はしないのだと
思う。 練習して 打てるようになって
コースへ行って スコアも付けて
自分で新しいクラブも選ぶようになってくると
自分の クラブをどう扱うのか というのに
従って その扱いに準じてグリップを
自分なりに変化させていくのだと思う。

IMGA0214

総じて ゴルファーのグリップ
特に左手のグリップを見ていると
如何に 
 しっかり 左手でクラブを
  支えるか、握るか、掴むか
 というところ なんだと思う

左手を振る動きをしても
握力の弱い左手一本でも持っていられる
グリップ…
だから 世で言われる フックグリップの
メリットは がっちり握っているコト
だけでなく 左手の手首を甲側に
曲げて 折っていることのようにも
思える

シンプルに 握手を差し出すような
手首でいるよりも 手首を折っている方が
がっちりと左手でクラブを固定できる

しかも 手首を折ってスタートさせていれば
運動中に がっちり握る と
手首をゆるゆるにして稼働させる
の両立が可能なんだろう。

腕は肩から生えていて
本来は 両肩と棒(クラブ)の関係は
左右対称に近いワイングラス のような
関係である筈だけれど
左手の手首を折って構えるスタイルでは
右手は 左手の入ってくるアングル とは
異なり 
横からグリップに入ってこないと
握るコトが出来ない

IMG_0002

当然 その関係が アドレスに影響を
及ぼさない訳がないので
アドレス姿勢は グリップ次第 と
考えて 間違いが無いのだろう

上の写真は 某プロのグリップだが
明らかに インパクト付近で
前傾を解き 腕とシャフトを
一直線にして ボールを捕える
そんなインパクトを示唆しているし
それを するための グリップと言える

世の中の多くのゴルファーが
グリップと言うと フックとかウィークとか
インターロッキングとか オーバー・・・
とか スクエアグリップ には興味が
無いようだし スクエアグリップって
なんだか 分からないようだけれど
少なくとも グリップ次第でアドレスは
決まってしまうので そこから考えるコト
そして クラブのメカニズムを絡めて
考えないと その言葉も
単なる 上級者っぽく 見せるための
言葉遊びで終わってしまうのかもしれない