ボールは地面にありますが 行きたい方向があると思います。 レイキャビックに着陸するには その方向に向かって行かないといけませんが スイングには不可抗力とか時間の経過もありますから レイキャビックに直接向かうと手前に墜落すると思いますが?

体の動きはベクトルを考えると結果的にそうなると言う事だと思います。

レイキャビック の話は
クラブを持った腕(上半身)と
ボールとの関係がスタートだと思います。
ここでも 錯覚があると思うのですが
ボールの手前をダフる
というのは 横の動き ですよね。
横の動き に関しては
何度も 何度も 申しておりますが
補足として 肘の動きでクラブは
横にスライド…押しはしますが
実際には それは 体のセンターから
ずらさないようにするための補足的な動作で
変な表現ですが
動かさないようにするために
同じ位置を維持するために
 動 か す
行為と言えるわけで
横の動きはあくまでも脚さばきです。
左右の肘の交互な動きの為
クラブは自分の真正面を動かず
ややV字のような動きになってしまうのですが
その意味合いで 北極 ではなく
レイキャビック・・・
他に適当な緯度の都市が無かったので
その動きには経度は関係が無い訳で
脚を使った 骨盤 という
ターンテーブルの上に乗った
自分が動かしている訳ですから
レイキャビックのイメージを
持っていたとしても
何時
によって ボールの先でも
ボールの後ろでも どちらでも
ダフルことも可能ですし
そのターンテーブルは斜めに傾いて
いますので いつ によっては
空振りも可能です。

レイキャビク

やはり ナントは無しのスウィングの話の
中でも 腕で 円の動きをなぞる
その感覚はなかなか消えないモノで
そこが頭の中で 整理がつくと
重いヘッド 柔らかいシャフトのモノが
有効に使えるようになるのでしょうし
そうなると クラブ間のつながり
パターも含めたクラブのつながり
 というのが
非常に重要になり
あぁ ショットって 皆同じなんだなぁ
と実感できるようになると思うのです。