クラブを腕や肩(肩甲骨)で動かす習慣の人が
大変多く感じる。

テークアウェイ(バック)の初期段階でもそうだけど
もう ワッグルの時点で ヘッドを動かす
ヘッド動かす習慣が 身についているから
その時点で 腕(特に左腕)や肩甲骨周りで
クラブ・・・特にクラブヘッドを動かしてしまう

RIMG0029-thumb-560x420

もう このように動かしてしまった時点で
クラブは元のロフトや機能を失ってしまい
あとは 流行の言葉ではあるが
アスリートの部分でクラブの機能の替りをするしか
ボールを打ったり 飛ばしたりする方法はない。

イメージがし難いかも知れないが
クラブを扱う と言うことは ヘッドを動かす
事では無く グリップを動かす ことである
しかも ちょっと意地悪ではあるけれど
動かすと言うのは 移動させる と言う意味であって
それを 行う ほとんどの、 主力エンジンに
なるのは クラブから一番離れた  である

     
以下練習嫌いさんにバトンタッチ


私、自分では、方向をセットできないから、
あなたから見えるクラブのフェース面を
飛ばしたい方向に直角に合わせて、
私を座らせたら、そのときに私のかかとの方から
伸びている棒の端を持ってください。

そのとき、棒の端を動かすあなたが、
そのカタチに戻らない無理な姿勢をしないでね。

あなたが無理矢理動いたら、
私は、あなたの望み通りにいきません。

あなたが望んだそのカタチに私を戻すことが、
あなたの望みをかなえるでしょう。


スナップショット 2 (2012-01-10)


スコアラインの一番下の線を、
ボールを飛ばしたい方向と直角にして、
ソールしたら、その状態で、フェース面を
飛ばしたい方向から見てあげてください。

その状態でシャフトはどうなっていますか?


あなたの構えたいように構えてください。
そのままクラブを動かさず、
パートナーに持ってもらってもいいですね。

そして、クラブから離れて、
飛ばしたい方向からみたときに、
あなたが望んだ方向にフェース面向いていれば、
幸せですよね。


これは全部おなかより下でするコトですよね。


    

             …ちょっと下〇たチック?!