ゴルフクラブは 打撃部のヘッドと
握る棒・シャフトに 重量の一致がない
と言ったらいいのか 製品時、静止時
棒の延長線上に 打撃点がない

この形状が ゴルフスウイングを難しくしたり
やさしくしたり する。

それが動作中、運動中、スウィング中
一致する様子を トゥダウン と呼ぶのだけれど

一般論… 弊社のドアの外の論理では
トゥが垂れて そんな感じをイメージすると思う。

それが クラブの扱いに反映されていく。
トゥが垂れることによって シャフト延長線上に
重心位置が回り込むイメージが強ければ、当然
それを促すような扱いになって仕舞う。
縦に振る動きにつながってしまう。

019A9s1s

しかし 実際のトゥダウン・・・その言葉自体が
間違っていると言ってもいいのだけれど
ヘッドは姿勢を変えず トゥ/ヒール方向で
ヒール側、ゴルファー側に下がる、というか
スライドするような形を取り
確かに シャフト先端部にとってはトゥダウンを
起こしたような状態にはなるのだが
グリップ部と比較すると 姿勢自体は変わらず
ヒール側にずれているだけなのである。

意味が判るだろうか。

その認識のずれは そのままクラブの扱い方に
反映してしまうので 今一度考えてみて欲しい。