今日の記事は少々、難解でちょっと言葉遊び
のようになって仕舞うが、よ〜く 意味を考えて欲しい。

硬いシャフト、軽いヘッドのゴルフクラブを
使っている人が、ショットの安定度や飛距離
スライスに悩んでいる場合のアドバイスは
私には出来ない。残念ではあるが、自分で考えて貰う也
巷に溢れるスウィング理論、レッスン書やDVDなどの
中から、自分で見つけて貰う他、無いと思う。

硬いシャフト、軽いヘッドのクラブを使うには
やはり それ相応の方法があるし、どちらの要素も
味が薄く、結局のところ 人間の馬力也、運動性能也に
依存しなければならないのは否めない…

スナップショット 1 (2012-01-10 17-56)

柔らかいシャフト、十分な重量のあるヘッド
そんなクラブを使っている場合で、
クラブの扱い、スウィングに悩んでいる
飛距離やショットの安定度に悩んでいる場合
俗に言う スウィングの改造と言う意味合いを
勘違いしがちで、そこをよく考えてみて欲しい。
 どう動かすかどのように動かすか、
どのように動作を修正するか、変えるか と
考えてしまいがち だが やらなければいけないのは
動作の修正や変更ではなく 動作をなくすこと
どう動かさないようにするか というコト だと思う。

ちょっと意味合いは伝わり難いだろうけれど
クラブは単独では動かなない
クラブを持って 自分が動くのであって
クラブと股関節から上の上半身の関係は
ショット中、殆ど変らない。

先日書いた通り、フォローとかダウンスウイング
という動作は存在しない ということ。
スウィングの時間区分と言う意味では
その言葉は有効だけれど、動作としては当てはまらない。

今までは 動作を替えよう
クラブの動かし方を替えよう と言う発想であったと
思うけれど、向かわなければならない方向は
動かさない、何もしない、動作を出来るだけ入れない
なのである。

体の部位で言うのならば、脚と腕しか使わない。
胴体部分を意志をもって動かす と言う動作は
スウィングの中には存在しない。
極端に言えば、左の脚と右の肘しか使わない
といっても 過言ではないと思う。