IMG_1601

正確な記憶はありませんが
残っている過去の記事を見ていると
4月半ばまでに 10~15回程度 週2ペースで
現地へ行っていたと思います。

089

「ありのまま舎」、隣の児童施設「天使園」
そして 牧島かれんさん の手引きで
松島の県会議員さんのトコロへ 数トンの
お米も配送しました。

005

彼女はまだ混乱している 3月の月末に
女性にもかかわらず 夜行バスに乗り
自力で現地入りしている上、我々の為に
おにぎりも用意してくれていました。
 ありがとう、 かれんさん。

http://activity.makishimakaren.com/?month=201103

007

かれんさんは今も 「菜の花を植えよう」
イベントなど 被災地の為の活動を続けています


数度目かの現地来訪時に 石巻市街まで
足を伸ばします。 3月の月末だったと思います。
牡鹿半島に行ったのは 3/26だったと思います。

018

石巻市街の被害もすごかったですが
牡鹿半島のそれは また別な重々しさ でした。

IMGA0409

また その来訪を機に、今考えるとちょっと
やり過ぎの感は無くもないですが 河崎氏に
牡鹿半島の常駐を依頼します。
彼は 数週間 牡鹿半島付近での路上生活を
することになります。

IMGA0415

彼は現地で、被災者の方とコミュニケーションを
取りながら、牡鹿半島内の通行可能な道路を
調べたり、牡鹿半島に住んでいない牡鹿半島通に
なっていく訳です。。。

IMGA0404

その頃には 石巻市街に住む 弊社のお客様で
民生委員をされている方とも連絡が取れ
お手伝いをして頂きました。

少しずつですが クロネコ宅急便も動き始めたので
コチラで荷物を集め、品目ごとに詰め直し
その方の自宅を搬送拠点として出荷させて貰い
それを 現地の河崎氏が宅配する… と言う形を
取っていました。

IMG_1696

一緒に行った 京都の蛸長さん の呼びかけで
直ぐに 現地でのお寿司の「炊き出し」を企画することに
なります。 確か 4/5 か 4/6 だったと思います。

大阪から 鮮魚問屋の社長さんと
 大阪ニュ―オータニ内の乾山の店長 さんが
駆けつけてくれました。
本当にご苦労様でした。
 そして 有難うございました。

IMGA0433

すべての準備を事前にされており、
現地では 私も河崎氏も見ているだけだったと…

IMG_1717

店長さんです。

IMG_1715

まだ少し寒さの残る 小さな4月の宴
だったと思います。
この日のコトは 一生忘れられません。

IMG_1710

始めのうちは パラパラ だったお客様も
最後にはスゴイ人だかりになり
侍浜の集落以外からも沢山の方が
いらっしゃったかと思います。

IMG_1725

この時点では ここら辺が活動の終わり…
と感じていたのですが、ここ、このさむらい浜から
今日までの活動が続く とは全く考えていませんでした。