ゴルフスウィングの基本は

前傾姿勢と向きの変更

体の構造上 背骨を軸とする時に
脚の付け根は その真下にない。
人間の体の 厚みに対しては 背骨は後ろにあり
重さの大半である  の部分は 殆どすべてが
それよりも 前方 背中では無く お腹側にある
(厚みに対して と言う意味で)

軸足を作って 向きを変える
軸足を作って 向きを変える

その際に 背骨に対しては 顔 は勿論
後頭部ですら 真上には存在せず 前にある

となると 目を含めた 顔面の部分は
軸足を作るためには 積極的に動かすべき だと思う

人間は落ち着いていればまだしも
ゴルフのスウィングの動作中のような
急な動きの際、根本的には大事な部分である
顔や頭を護ろうとする本能が無意識に優先される筈で
重量である頭や顔を上手に使ってあげるコトで
無意識な下半身、脚さばきも生まれやすいのではないか…

と まぁ 今日の本題はそれではないので・・・


394218main_PIA11667_full

 スウィングをする際に 傾きがあって 向きを変える
その動きは 地軸の傾いた地球儀や土星の環のような
イメージで あって その基準点 軸になるのが
ゴルフのスウィングの場合は 背骨 と考えて
良いだろう。


レイキャビク


その俗に言う スウィングプレーンみたいなモノ
に準じて クラブを動かしていく訳だが

では 果たして 体などの 横の動きをナシ にして
皆さんは 腕や手を使って クラブをどう動かそうと
していますか

上手く行かない例としては二つ考えられます

その スウィングプレーン とやらに対して
垂直に クラブを動かそうとしていませんか

それは 冷静に考えると 当然 その軌道 から
脱線する 逸脱する行為 ですよね。。。

自分が動かす、もしくは動いて行く 目標方向とも
言える その軌道に対し 垂直に重量物を掛ければ
その軌道から脱線するばかりでなく
その軌道の基準(軸)になっている 背骨や体の姿勢
にも 当然 影響が出ますよね。。。


そして もう一つ
傾きや体の向きの変更によって 形成される
その軌道とか、スウィングプレーン 
それに沿って 腕でクラブを振ろうとしていませんか

その軌道は 背骨を軸とするモノです

それに対し 腕は両手がほぼ同じところを握っていますから
腕也 手也の アクションをすれば
その軌道に対し 上下どちらであっても
今度も さっきの垂直とは別な
(飛球線後方から見た時 のような)
垂直を作ることになる筈です。
。。。その働きは垂直方向になる筈です。

それを その軌道に沿って 腕で振る
というコトは 先ほどのとは 縦 横 奥行き
 みたいな部分で またもや 別な垂直
しかも 捩じりの入った 真直角を作ることになります。

それも その軌道を逸脱させる行為 になりますし
やはり 本来の軌道の軸点を乱す 働きになるのでは
ないでしょうか

もう一度 よく ゴルフクラブを扱う 本人
一人称になって クラブ扱いを考えてみませんか?

説明は難しいですが 殆どのお悩みゴルファーは
クラブを扱う その本人であるにも関わらず
傍から見た 第3者の 3人称の感覚で
クラブを扱っているように思うのです。
(意味分かるかな〜〜〜〜〜?)

打つ人の視線 打つ人の感覚で 今一度
自分のクラブ扱いを考えて見て下さい

多分 何か 見つかります。