スウィングの時間進行 時計は
体の向きが基本です。

アドレスから始まり、右を向き
左へずれ 自然に向きが解け
左軸足が出来ると 左へ回転し 終了。


クラブが オリジナルの製品ロフトで
ボールと接触させるには
両腕の長さの折り合いのつく
体の幅の中だけです。

ですから 体の向きの変更の時間より遅れたり
動作が増えたり 道のりが増えれば
当然 全体の進行に比べると ヘッドの位置は
遅れ 体に対し より右 右に ズレテ行きます。

前傾姿勢と向きの変更で作られる筈の円も
ズレタことによって クラブ単独の円が生まれ
当然 どれは 向きの変更で作られる筈の円より
支点(中心)が右に存在することになります。

クラブを振る 動きをする人にとっては
体を動かす 腕を動かす クラブを動かす
という 完全に別々の動きで行うので
ある部分 動く 止まる という反動感で
スウィングをする というか クラブを動かすので
本来ある筈の 体の向きの変更による時間
タイミング というより バイオリズムに近いような
その日 その日のリズムになりがちです。

動いて 止まって その反動を使って
クラブを振れば 必ず シャフトの長さ分の
円が創られる訳で それは 進行方向に対し
必ず 右(後ろ)にズレタ 円になっていきます。

本来であれば 体の正面(アドレス時の左脚)位が
基準点になる筈なのですが
そんなこんなで 右脚の前あたりが
クラブの最下点 ボールとのミートポイントになります。

此れではダフルか、空振りしてしまうので
体を開いて 右脚の前を ボールに合わせる
こんな感じ成るのですから
練習量 メインテナンスは不可欠だと思います。