家の中やオフィスで 結構、効果があって
しかも 難しい 素振り ご案内しましょう。

s11

理屈の世界でまず 行きます。

この映像、クラブがありますよね
これから ボールを打ちに行くのですから
体の向きは このカメラ向きに正対していく過程…

ボールは写真の 左から右  の方向
となると その反対の  この方向に
クラブを動かすのは ボールを打つ 飛ばす のには
ロス でしかありませんよね・・・


だから 実際には 少しは行ってしまうんですが
ボールを飛ばす方向 や 自分自身の動作方向
体重移動なんかは すべて 
写真の右方向 が
目標な訳ですから 先に重りのついたクラブを
この写真の左  すべての目標方向と反対に
動かす 理由は何一つない。

その行為は 進行中 走行中に ブレーキを踏む
錨をおろす パラシュートを開く のと同じで
また 一番の目的である 打撃の前
しかも かなり その間際になっているトコロで
やることではないし 必要もない。

行きたくないし 飛ばしたくない

と言っているのと 同じ行為になってしまう。

さぁ そこで
 素振りをする際に 


s6

この 写真の左縁 に 壁を置く
壁を動かすことは出来ないから 自分がその位置にたって
クラブを壁にぶつけないよう ゆっくり動かす。

難しい だろうなぁ〜

モノを壊したり 壁に穴を開けても
私のせいに しないでね〜〜〜
くれぐれも ご注意を。