だいたい アプローチショットに
そのクラブ扱いは 表れてくる訳ですが
腕を使って どのようにクラブを扱うかが
体さばきにも大きな影響を与える訳です。


グリップを両方の肘で作る面
この面に対し クラブを近づける 遠ざける
正しくは どうするのか不明ですが
「きこり」のような 動作をしよう と している
ゴルファーが多く居るように思える。


テークバックで 手首の角度(ディッシュアングル)が
あったにしても 同じ面にあった クラブ(シャフト)を
肘を曲げる動作 などで その面に近づけて 行った場合

amature

右肘からクラブまでの半径で 支点運動/円運動
が起るので 遠心力が働く
知らず間に 外へと 引っ張られる訳だから
クラブ全体が いったん体から離れるようになるのだろう

その動作が終わりを迎えても
クラブには慣性が働いているから
まだ 行こうとする・・・
 それが 俗にいう オーバースウィングにもつながるし
ダウンスウィングへ移行へのタイミングのずれにもつながる


ダウンでは グリップと肘で作る面に
一番クラブが近づいている状態から
斧を振るように クラブを離していく訳だ…

クラブは腕と共に 一番長い状態になっていくし
当然 それには 遠心力の慣性も働く

その重さや遠心力の働く方向は
ショットの主目的である ボールを目標方向に移動させる
それとは 異なり 正面を12時とすると
ボールを移動させたい方は9時
その クラブの作り出す 不可抗力の掛かっていく
その方向は 2時位の方で
自分の腕で、クラブを動かしているリアルタイムの
時間よりも やや遅れて 強い不可抗力が生まれるのだから
体も含め 左への移動中 には 中途で錨をおろすような
そんな事になるのだろう


自分が オーバースウィングになったり
ダウンスウィングで 
右サイドが下がってしまったり
その不可抗力の重さを相殺するために
その逆方向に体を引く・・・結果は
体の開き
そんな動作の主原因になっているのかも・・・

脚さばきは非常に重要だと思います
でも アマチュアが楽しむ範囲で
ゴルフを覚えるのであれば
やはり 運動不足が伴う訳ですから
(かくいう 僕も勿論 そうです)
腕さばき 肘を使った クラブさばきを
しっかり覚えるのが 一番だと思うのです。


利き肘を使って クラブを 胸の前で
体から離れないように スライドさせる

これは 結果として クラブを肘さばきで
動かしているようには見えないでしょう。

体の向きの変更の中で クラブやヘッドの重さに
遅れを作らないようにしているだけで
その位置を維持している そんな動きなだけ

ただ 実際には 動かしている 押している
そんな動作を加えていないと クラブは遅れてしまい
その形状から それは ネジレ になってしまう

傍目から見た時に クラブヘッドが円を描くのも
クラブヘッドの高さ(上下) 変化も
概ね 前傾姿勢と体の向きによるもの

腕の仕事は そんなに多くない

その 体の動作による作用と
腕の 肘の役割を しっかりと把握せずに
目に見える動きだけ 真似しようとしても
出来ないのではないか 
と 強く感じる 今日この頃であります。