悶絶クラブ というのは ご存じのように
市販されている一般のクラブに比べると
重いヘッドが柔らかいシャフトに装着された
ゴルフクラブです。

 このセッティングは 左への引っ掛け
特に フェースターン(ローテーション)での
引っ掛けが一番やり難い と言えます。
悶絶クラブで使用されるヘッドは
ウッド、アイアンともに 重心距離も長く
重心角度も少な目でありますから
ヘッドを回転させるのには一番不適切なクラブです。

 言いにくい事ではありますが
距離が出ない場合、自分の今まで打っていた
普通、スタンダードだと思っていた弾道、球が
引っ掛け の可能性は否めないのかも知れません。

sample 2009_09_15_19_49_13-17フレームショット

フェースターンし難いクラブを
それをさせず、開いたまま入れてくると
ロフトを大きくした状態で
ボールの下をこするような
俗に言う「抜け球」になります。

それは 思ったよりも 弾道も高くなく
ボールスピードも緩い、だらしない弾道に
なりますので 当然ですが距離も出ません。
スライス にもならない弾道です。

ゴルフクラブは長い棒の先、先端に
全体の重量の半分以上〜7割ぐらいの重量物が
装着された物体です。
しかも、そのボールを打つべき部分は
上下にも、左右にも、前後にも非対称な歪んだ形を
していますし、番手毎に打ちたい距離の為に
長さやロフト角度が設定されています。

クラブを 重力に逆らい 概ね 横に動かす
というのは ゴルフショット というコトに於いて
絶対に不可欠な作業ではありますが
その作業の目的は 主に
ボールを目標方向の、水平方向に移動させる、
別な言い方をすれば、ヘッドの重量エネルギーや
速度などの運動エネルギーが重力方向に
掛かりがちなモノを 水平方向に変換させる為
作業です。

ですから、物質の形状や構造的にも非常に
不向きなその作業を 腕や手などの小さな関節、筋肉
で行うのには肉体的にも負荷が大きすぎますし
腕周りで クラブを横に動かせば
腕をひねる…ハンドルを右、左に切るような動き
になりますから 元々歪な構造であるゴルフクラブの
ライ角度やロフト角度、製品としてのクラブの長さ
もあまり意味が無く、番手間の差が出なくなるでしょう。
ヘッドの重さ というのは 単に
静止しているボールを移動させる、どかせる
主力エンジンである筈のモノが
小さな筋肉に対する負荷にしかならなくなってしまいます。

またも分かり切ったことを書いています。
勿論、今まで数万回繰り返し、訓練して身に付けた
そのクラブの動かし方が、すぐに変えられないのは
理解出来ます。ヘッドの軽い、シャフトの硬いクラブで
あれば その方法も確実性は欠いても
練習によってなんとか使えるモノに出来ます。
ですが、ボールを移動させるエネルギーを増大させる
為に重くした、ヘッドの装着されたクラブを
同じ使い方をしても、それを練習により
煮詰めて行っても、答えは同じですし
そこで出る満足のいく弾道や距離は
単に「偶然」に過ぎない というコトを理解して
貰いたいのです。