自分のグリップを今一度見つめてください
グリップには ゴルフスウィングと言う行動の
すべてが隠されています。


例えば フックグリップ
こいつは 実はフックに握る
インパクト時に手が返り易い と言うことよりも
テークバックを左腕一本で動かし易い
すぐさま 右肘を曲げられる
そこらへんに理由があったりします。

IMG_0002

ですから 現在 フックグリップをしている人が
試しに スライス(ウィーク)グリップにトライすると
たちまち テークバックが上げ辛くなりますので
数球で元に戻ってしまいます。


また このように 指でなく 手のひらでがっちり
握るのには 左手を支点として
シャフトを振る クラブを振る という理由があり
手のひらでガチッっと握っていないと
クラブがすっ飛んでしまいます。

試しに 指だけで 握って見て下さい
自分のクラブの動かし方では 指がツッテしまうか
クラブがすっぽ抜けてしまうでしょう。


リクエストにお応えして パッティングではありませんが
それに近いモノ、動かし方やグリップは見える
映像を載せてみました。

自分のグリップの 左右の手のひらが 上下に
クラブで言うところの グリップエンドとヘッドの
方向に離れている、もしくは広がっている場合、
やはり 左手を中心に 右手でシャフトを押し
クラブを回転させるためのグリップ と言えるでしょう。

正しい意味で オーバーラップであっても
インターロッキングであっても ベースボールであっても
インターメッシュであっても
両方の手は上下に必ず重なっています。

左手を中心に 右手でシャフトを押したり 引いたり
するのが 正しいゴルフクラブの使い方であれば
両手が離れたグリップが主流になっていて
おかしく無い筈です。  
ゴルフには2世紀を超える
歴史があるのですから…
しかし、亜流な特別な理論を除いて 万国共通に
ゴルフクラブは左右共に 上下に重なっています。


そして ゴルフは左手でリードだ
右手を使うな というアドバイスもある反面
何故に 右利きの人を左打ちとして
 スタートさせないのでしょうか…
前側にある左手、左腕を主力エンジンとして
使うのが正しければ 利き腕が前に来る
右利き左打ち 理論が発達しても良い筈…

クラブの正しい扱いは 利き腕 を使います。
左腕は補助 と考えても問題ない でしょう


グリップが上下に重なっていることを理解した上で
右腕、正確には利き腕の肘で 腕の長さを調節し
また 上腕を上げ下げさせるのと連動し

クラブを持った左腕を押してあげる

「運動の」進行方向に対し
腕やクラブ、クラブヘッドの重さ分だけ
放って置くと クラブは遅れがちになりますので
それを補う為 クラブを持った左手を押す

これは 結果として
スウィングを振り返ってみると
右肘を利用し左手を押していますが
まるで 使っていないように 動いていないように
見える のです。

これはやはり パッティングやアプローチで
しっかりと覚える必要があると思います。

2mを打てないゴルファーは200mは打てない