さて、肘使いは重要
って 話になりましたが
肘使いの基本は クラブの水平方向の動き
(前傾しているから、実際には斜めだけれど)
をしっかりと 脚さばきで お尻・骨盤 を
動かせているか と パックになっている
というコトを忘れないで下さい。

肘だけが出来たところで ボールを打つ段になって
体の向きの変更でクラブが動いていなければ
ボールに当たらない、打てないですから
結局は腕さばき、肘さばきで円を描くコトになる


さて この映像 を見て
違いが分かるでしょうか…

幾人かのお客様には
スウィングが変わった、昔のスウィングというコトで
ちょっと いけにえ になって貰いました。
ごめんなさいね




昨日の映像も並べてみましょう。



この二つの肘さばきが交互、交互に
出てきているのがわかるでしょうか。
また 飛球線目標方向を時計の9時
アドレス時のボールを12時
とした時に ダウンスウィングの始まる
3時方向のシャフトの向きから〜12時
〜9時までを すべて腕周りの動きで
行っているのが 理解出来るでしょうか。

この二つの違いは
ちょっとイメージトレーニングですが
人間の動きをなし(透明人間)にして
クラブの
製品ロフトが 0度で有った
ずっと 外(自分ではない方)を
 フェースが向いているのが正しく、
ずっと 自分を向いているのが誤っています

円弧の外に ボールが有るのが正しく
円弧の中に ボールがあるのが誤っています。


0度のロフトですら フェースが自分の方を
向いてイメージを持っている限り
ボールの底 をこする 撫でる という結果に
なりますから スピードを上げようが
ヘッドの重量を増やそうが その破壊力は
高さやスピンを増加する エネルギーにしか
なりません。力は上に逃げる…というコト。

クラブ(シャフト)の水平の向きの変更を
脚を使っている=体の向きの変更
と言うトレーニングも
アプローチショットで養います。

同じく、肘さばきで クラブを持った左腕
を押してあげる 左腕とクラブの関係を変えず
押してあげる と言うトレーニングも
やはりアプローチショットで養います。


心掛けること としては
大きさに関係なく トップオブスウィング
切り返しの時に形成された
 右手首のスナップ(少量)の角度
決して 打ち終わるまでは解かない。
スウィングが大きく、不可抗力としての
遠心力が強くない限り、そのアングルは
絶対に解かない というコトを守って下さい

インパクト前後で 利き手でボールを
平手打ち するようなイメージや
シャドースウィング、アプローチの真似ゴト
ワッグル、素振りが有る限り
残念ですが 何万回 トライしても
打撃の破壊力は距離にはなりません。