悶絶クラブを手にされた方、
「当たらない」から始まり
当たり始めると、「弾道が高い」 とか
「スライスする」 とか・・・
結果論ではあるが、ロフトが立たない…
大きなロフトでインパクトを迎えてしまう…
ハテ、それは何故でしょう・・・
 
 まずは これを ご覧ください。



 飛球線後方からと
正面からの2カットで
多くの人の クラブさばき と
俗にいう 「刷毛塗」のクラブさばき
を 演じてみました。

二つには大きな違いがあるのが
分かりますか 

 大きなロフトになってインパクトを迎える。
多分全員、は ボールをさばく
一番重要な部分が 体の動いていない
腕さばき というか 「かいな」さばきで
利き肘の動きで
左腕とクラブが 「くの字」になったモノを
直線にしようとしています。

 片や、「鼓笛隊さばき」は、利き肘を使って
「くの字」になった左腕とクラブを
単に進行方向…
飛球線と言う意味ではなく
運動と言う意味で、”
前傾がある”体の向きの
運動方向に対する進行方向

に押しているだけ、で
スウィングと言う時間の流れで言えば
体の正面にクラブを維持するために
クラブや腕の重さで、クラブヘッドが遅れないように
する為に押していて、結果的には
動かさない為に動かしている
と言えるのだと思います。

 ロフトの増える腕さばき、では
一番大きく移動するヘッド部分を
外に膨らもうとする外力も含めた重さを、
進行方向に全体が進んでいる中で
更にそれを追い越すスピードを出そう
とするのですから、不可能とまでは言いませんが
かなり筋力と運動神経が必要な
結構、強引な「テクニック」です。

RIMG0029-thumb-560x420



 今回は、ボールを打っていないので
ややフラットな軌道になっていますが
実際にボールを打つ際は、もっと斜めに動かす
感じが強くなる訳で、下に振る!というイメージに
なるのだと思います。

体の正面よりも右にあるクラブ(ヘッド)
これは「ロフトを開いた状態」です。
これからのクラブの進行方向、 右→左
に対し、クラブヘッドの重心は
握っている棒(シャフト)よりも
元々右にあるのですから、
運動させようとすれば重くなり
より開きやすくなるでしょうし
ヘッドを非自然に加速させれば
外へ膨らもうとする遠心力も増してゆきます。

かなりの確率で、元々の製品ロフトよりも
大きなロフトで、クラブの元々の長さと
あまり関係なく、緩いボールへの入射角度に
なってしまうのですから
打ち出しも高く、スピンの入った高いボール。

もっと大きなロフトになれば
緩いスピードの上がりきらない情けない弾道
になってしまったりします。

それを防ごうとして
体を開けば(体を左に向ける)、
ボールは右に飛び出る、もしくはスライス回転が
かなり入ってしまいます。