スウィング…ヘッドの通る軌道や弧が
円を描いている… 確かに。。。

クラブ、もしくはクラブヘッドを
振り子のように扱う から
 振り子に見えるのではなく

単純に クラブを使う姿勢が
前傾姿勢を保ち、向きを変えているから


というコトを理解するのは
非常に重要で クラブを扱う
もしくは 体をどのように動かすのか
というコトの 大いなるヒントになる筈。

006

細かい不可抗力の「動かされ」を除き
肘さばきの補助を除けば
腕周りとか 肘さばきで
クラブを振り子に扱うことは「一切」なく
ましてや 手首でなんか 一ミリたりとも
一度(角度)たりとも 振り子には振らない。

クラブは振り子のようには動かさない。

何度もしつこくて申し訳ないが
体を向きが前傾姿勢を維持したまま
動くことによって 円弧 が作られるので
傍から見ていると 振り子に見えるのであって

o07110508

傾いた軸に対する「回旋塔」と同じ状態。

その先端に クラブの長さの半径分の
円を更に加えれば 当然それは
傾いた軸と向きの変更に影響を与え
小さな円を加えないのと 同じ作用には
決してなりはしない。

特に、それは アプローチショットなど
スピードで解決できないショットには
非常に重要で
大き過ぎない 小さ過ぎない
ある特定を距離を打つ場合に非常に大きな要素で
打たなければ そのショットのロフト・・・
インパクトロフト&ヘッドの入射角度
を特定出来ないとすると
スロットマシーンでロフトを決めているようなモノで
尋常でない練習頻度や球数でないと
解決しない問題になってしまう。

振り子にしない為には
自分の思っている以上に
グリップよりもヘッドの運動量、移動量を
少なく、制限しておかないと
ヘッドの方がグリップよりも3割位
少な目に動かす(動かさない)意識
位でないと それは達成されない と
覚えておいて欲しい です。