小指を強く握るとパームグリップになりやすく、


グリップエンドを支点にした円運動を誘発しやすい。


また、手首が固定されて逆スナップがしにくい。

 

右手と左手の長さを同じにする為には、

極端に言うと近い方の手は小指方向に、


遠い方の手は親指方向に曲げると良い。

 

前傾とは単に上半身を前に傾けることではなく、


股関節による上半身と下半身の角度差をつけること。


これができないと正しくシフトできない。


 頭を下げる
(首を曲げる)と、


前傾の維持に役立つのと、

視線を飛球線方向に送った時に肩が引っ張られて上半身が


早い段階で回転するのを防ぐ効果がある。



  今日ハミングバードのブログを見て、
やっぱり最初はマットたたいて、

歯でトップしてしまうんですね、

私も全く同じでした。

 


さてクラブ扱いは

アプローチはなんとなく刷け塗りの動きが

出来ているとおもいます、

途中で余分な力が入るとクラブが暴れます。

練習場の
30ヤードの的めがけてサンドから6アイアンまで順に、
刷け塗りで打つ練習と、
50から100ヤードの的めがけて、
サンドから
6アイアンと117ウッドまで
順にハーフショットで打って

まあまあ球がつかまっている感覚がありますが、

いざフルショットになるとすべてのクラブが全然駄目です、

初心者状態になってしまいます。


ゴルフ始めた頃を思い起こすと、

ドライバーでフルショット出来ないとき

ハーフショットで練習して段々スイングを大きくしたような、

記憶が有りますがこの方法が良いとすれば、

1本のクラブだけでスイングを徐々に大きくする練習が良いのか、

すべてのクラブで行うのが良いのか、

どちらが上達早いでしょうか
?


 どちらでも良いと思いますよ。
刷毛塗 の「体の動き」ではなく 「クラブの動き」を
意味としてしっかりつかんで貰いたいです。
クラブをスライドさせる ロフト変化を造らない
グリップエンドを中心とした振り子にしない
そこら辺をしっかり掴んで頂きたいと思います。


ドラムショット

1.グリップ

  グリップを見ていただきたいのですが、
スクエアになっているつもりです。
ボールにアドレスしたときに、
左手の甲が少し盛り上がった感じに
なるように努力しています。
少なくともスナップ状態にならないことを
意識しています。

 

2.テイクアアウェイ

  ヘッドを置いてきぼりにして右に動くと、
厳密ではありませんが、
ヘッドの重心がシャフトの延長線に
近づく感じになります。
その際フェースが少し左を向きますが
気にしないようにしています。

  
この状態から体の回転と右ひじの張り出し
を行うと、クラブのトウが自分の顔に
向かって上がってきます。

さらに回転と右ひじの張り出しをおこなうと、
クラブフェースが下向きになりながら
上がっていってテイクアウェイの
終わりは自分から見てフェースが
おおむね正面を向いています。

なべのふたを向こうに向けて開ける感じです。
ロフトの少ないパターはほぼ真正面、
ロフトが増えるに従って飛球線に
フェースが向く度合いが多くなるように感じます。

シャフトの角度は飛球線後ろから見て、
少し前に倒れているところから
地面に垂直の範囲に収まるように
意識しています。
背中側に倒れないように注意しています。

  
ここはいろいろ試してこうなったのですが、
確証はありません。
いわゆるシャットフェースに
なりすぎているのでしょうか?

フェースがもっと飛球線方向に向いたまま
上げれば上げるのは気持ちいいのですが、
あとが重くなります。

 

3.スライド

  いわゆるトップ(テイクアウェイの最後)
のシャフトの角度を背中側から見ると
地面に垂直か飛球線方向に幾分倒れています。
私の場合45度も飛球線方向に傾くことはありません。
地面に垂直からわずかに傾く程度です。

  
スライド。シャフトの傾きを解かないで
(飛球線方向に傾いたままの状態で)
右肩の前にあるクラブを右手で
自分の右胸のあたりに押す。

頭の後ろにあるシャフトが
自分の後ろ頭に当たらないように
自分が左に動いて(逃げて)
その空いた空間にクラブ全体を
移動させる感じです(左軸足もできるし)。

ものすごく体の近くを通したいのですが、
遠回りしますしキャスティングしがちです。

 

 

ここはすごい違和感で難しいのですが、
ゴルフスイングの肝なのでしょうね。
その際左手の逆スナップを意識すると
(動いていますのでスローでは
出来る逆スナップが同じようにできません。
やろうとする程度です)、
結果的にグリップが前、
ヘッドがおくれたハンドファースト状態になります。

 

 

4.ロフトの立ち

  ハンドファースト状態を
ロフトの立ちと考えたのですがどうでしょうか?

  左手甲が盛り上がった逆スナップ状態で
右手が左手より上にある状態で体を回すと、
卓球のオーバースピンを
打つ感じの動きになります。
パターで行えばクラブフェース
はわずかに下を向いています。

なべのふたが半閉じ状態で右上から左下に動く。
クラブフェースはわずかに左を
向いているかもしれませんが、
ゴルフボールが左に飛ぶことはないと思います。
体の回転とともにフェースは
もっと左を向きそうですが、
左ひじを抜くことでフェースは
左を向かずに縦にぬける。

左ひじを抜くと左手はスナップになり、
右手は逆スナップのままで、自分の右手の甲は自分の顔を向く。

 

  このあたりはものすごくはずれかもしれません。

これは左へのローテーションを
しているのでしょうか?

とにかくロフトを立てたいのでこんなことになりました。