ゴルフとは直接関係ありませんが

「知識があるのとない」のとでは

大きな 大きな 違いがあります
 その「サンプル」があります。

まずは ご覧ください
核心の部分は 4:00以降 登場します。



どうですか?

ある程度の年齢より上の方には
当然のこととして 知っていらっしゃると思います。

昨今、話題になっている
日本の国旗や国家。

何故、法令化されたり しなければならなかったのか
何故 自分の国の国旗や国歌なのに
 サッカーの国際試合だけ
オリンピックの時にしか 尊重されないのか

それは 映像のような知識の大きな差があるから
だと思うのです。

自国のコトを良く知らず
軍国主義の象徴のように思われている
日本の国旗や国歌

しかし それには 1000年を超える
深い、長い、大切な歴史が秘められていて
知ってさえいれば 日本国民として
日本国が存在し続ける限り 護らなければ
ならないもの なのだと 自ら思えるモノ
だと理解できるはずです。

それと比べると ずいぶん陳腐な話題
になってしまうのですが
ゴルフクラブにおいても まったく同じです。

知識がある、知っている者にとっては常識
当たり前である 根っこの部分みたいなモノを
知らずに ただ闇雲にクラブを振っても
ボールを打っても 国旗論争と同じく
お互い徒労に終わってしまうと感じませんか…

ゴルフクラブには 運動中(移動中)ではありますが
上下 があり 俗に言う 天地無用 であります。
使い方として 上や上 下は下
にしていないと ほぼ まったく機能しません。

    4190-1-2

 この絵の使い方をしている限り
逆さにしたバケツに水を溜めようとしている
のと まったく同じで
バケツの裏(底の裏側)の部分でも
水はすくえますが、溜められますが
本来の機能に比べ 圧倒的に少なく
それを利用して お風呂に水を入れる
その作業回数も比較にならない程多くなります。

その全く誤った使い方の
作法やテクニックを覚えて 何になると言うのです?


勿論好き好きですから どうぞご自由に、
ではあるのですが そのメカニズムを知ってこそ
そのメカニズムありきでないと 浸透しないモノ
であると 理解することが 始めの一歩 です。