lesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショット

この 二つの写真を見比べて欲しい

lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット

たかだか クラブの角度
ヘッドの高さが この程度変わっただけで
上の写真では ボールは

方向=ライ角度 距離=ロフト角度


という 役割と機能になるが

方向=ロフト角度 距離=???

と ひっくり返ってしまう以上の
役割と機能になってしまう。

BlogPaint
lesson 2009_10_31


写真と見て頂くと 分かるとは思うが
クラブと上半身の関係に
大きな差異はないのだが
前傾があるか ないか の差によって
こんなに大きな違いが生まれてしまうのだ。

クラブの形状は
地球上で 使われることを基本にし
重力方向を基本にして作られている。

それを 無視してしまうと
本来は クラブの長さによる入射角度と
ロフトによって
破壊力 もしくは 打撃力を
打ち出される角度/スピン
に番手ごとに分配し 距離を打ち分けていく
クラブの役割と機能が
まったく 役割不全 機能不全 に陥ってしまう。

言うなれば ハサミの柄の部分で
紙を切ろうとすれば 当然苦労するし
歯ではなく ミネ(って言うのかな?)で
やはり モノを切ろうとすれば 当然苦労する。


lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット

この高さのボールを確実に何球も打てる

ここに クラブ扱いのヒントが隠れている。

ティーアップ された このボールを打つのには
腕も含めた ヘッドのまでの距離が
大きく変化するような クラブ扱い スウィングでは
偶然以外 ボールを打つコトが出来ないし
何球も続けて打つ
何年も続けて打つ
のに つながってこない。

ロフト方向にボールが飛び出てしまうのは
仕方がないとしても
このボールをコンスタントに
躊躇しないスピードで打てることが
体使いでもあるし
これを理解することが
横の動き、スピードを上げるコトが
距離につながらない と分かると思う。