ゴルフスウィング、ショット共に
沢山の「斜め」の連続である。

ハッキリとした 上 がどれなのか
掴みにくい と言えば 掴みにくい

当然と言えば 当然なんだけれど
体に感じる 重力の上方向と
体の姿勢が なんとなく マッチしない。

BlogPaint

例えば コレ。

重力 の 上下
もしくは 単に 高低 ということであれば
確かに アドレス時のクラブ
もしくは クラブヘッドよりも
この位置 の方が ヘッドは高くなったし
一見すると 上に上がったように見えるけれど

これは あまりに 酷い例で

これは クラブは 横に移動した だけ・・・


前傾姿勢と比較してみると
分かり易いのだけれど…


amature


次に いま 全国で 主流になっている
この位置。

これは 上の姿勢(始めの写真)が そのまま 
すこし上にスライドしただけで
左腕やクラブ(シャフト)は
前傾姿勢(胸)に対して 平行 でしょ。

まったくもって 問題外 でしょう。

RIMG0029-thumb-560x420

これも 酷いよね。
ボールを 地面に キャビティ部分 で埋める
もしくは
ソールでボールを打つ
という競技であれば こういう手もあるけれど
打つ場所 と 打つ物 と 180度 背を向け
重量の付いた 長い棒を 利き腕でない
力の弱い腕で 重力に逆らって横に動かす
その理由が全く見えないけれど…


傾き
ゴルフでの前傾姿勢
これに 対する 上
そして 重力に対する上
この二つがカギで
傾きに対する「上」と言うのを
意識してみるだけで かなり変化が起こる。

もしくは 前傾姿勢を取らずに
クラブ、もしくは体を動かした時
この時は 姿勢にとっての 上と
重力に対する上が一致するよね。

それを しっかり維持したまま
前傾姿勢をとる条件を付加する。
前傾姿勢以外は同じで ね。