ゴルフスウィングを改善する場合や
作っていく場合、雑誌等にあるコマ送りの
画像  要するに静止画 というのは
参考になる とは限らない。

スウィングの中の一コマを静止画として
抽出しても それは 前後 の動きの
必然として 行われている動きが殆どだ。

例えば フェースターンをする と思っている人には
クラブを開いて インサイドから 寝かして
入れてこようとするし
そこの部分を抽出したところで
何の論点にも 改善点も見つけられない。

BlogPaint

このトップオブザスウィングのから始まる
次のアクションは 脚でもなく クラブでもなく
体に左サイドを伸ばし 右サイドを沈める
ショットとは 本来 ナンノ関係もない動作で
その動きは 長年繰り返すと 必ず故障を生む。

そこの部分を 何か評論したとしても
実は何の改善点も見い出せない。

こちらから言わせて貰えば 必然として
行っているので 何度注意したとしても
治る筈もないし 逆に直せば 打てない。

この例で 言わせて貰えば
体を回す 向きを変える の観念が
肩甲骨/肩を回すと錯覚しているところから
始まるし それを実行するための
ボールの位置であったり、セットアップであったり
グリップであったり するだろう。

一見すると この画像では
体の向きが変わっているように見えるが
クラブの重さ ヘッドの重さや慣性によって
引っ張られ 緩んでいるだけであって
その動作に 殆ど目的が存在しない。

実質的には 大きく動いたのは
左肩の可動部分の左腕のみであって
これから 行う ダウンスウィングやインパクト
に対しては 一番 負荷の掛かる 筋力のいる
箇所で まさに 行きはヨイヨイ 帰りは恐い
になってしまっている。


この振り方を 別に違和感なく見ている人は〜〜〜

ボールの置き場所は真ん中〜やや右寄りで
そのボールの置き場所では 概してウッドは苦手。
インサイドから 寝かして入れてきて
 ヘッド(フェース)ターンをかけよう としているから
ヘッドのサイズの大きなウッドや
ソールの奥行きのあるウッドは苦手なので
ユーティリティを多用することになるだろう。

弾道は 概ね スライス気味の ハイボール
ドライバーのロフトを何度にしても
 弾道が見違えて 低くなることはありえない。
スライスを防止するために クラブを買い替える毎に
シャフトは硬くなり 大ぶりなヘッドは苦手。

当たれば飛ぶ 時も 稀にあるが 確率は低い。
飛ぶ時は 実際には引っ掻けている と
秘かに 自分でも 認識している。

アップダウンや雨の日のゴルフは 当然 波が大きいし
バンカーは得意であっても
アプローチは上げる球ばかり
ピンチは回避出来ても
花道からのアプローチでは
 上手く打てるほどショートする
ショットは振り子 と思っているから
 アプローチはダフリとトップの九十九折。
ランや足を使ったアプローチが苦手であれば
えてして パッティングも得意ではない場合が多い。


ある程度の年齢 経験になると
背中や首 腰に痛みを持ち易く
肘、特に左肘に痛みを感じやすい

このスウィングタイプでは 練習頻度は不可欠だから
スコアなり ゴルフレベルを維持するのと
体を痛めるのは 平行線で なかなか 解決しない

一度痛めると それらの箇所は
いつか 恐怖との戦いになるので
あきらめて ブロック注射のお友達になるか
飛ばすコトはあきらめて 緩く振るかの二つに一つ。

さて どうする?