追加 宅急便 情報 です  
        2010/5/2 18:00
石巻市宛の 佐川さん
石巻のセンターが 人員の足りなさと 荷物の量で
ダウンしています。
しばらく 停止状態にあるようです。



お詫びも含め 幾つかご案内致します。

現地のヤマトさん、佐川さん、ゆうパックさん
等 宅急便の方々は 日々奮闘されています。

しかし 被災地の宅急便業務の方々も
被災しており 車の水没や亡くなられた従業員さんの
います。

現在 通常より少ない人数、台数で
通常の数倍の量の荷物を動かしています

牡鹿半島内では 固定電話は殆ど使えません。
届け先が存在しない場合も少なくありません。

局留め センター留の荷物もたくさんあり
引き取って頂くにも 連絡手段が無かったりします
センター自体も 被害を受けていますから
冷蔵庫なども 被災後に新たに設置した仮のもの
かも知れません。

IMG_1955

そんな状況ですから 日々 時間ごとに
色々なことが変化していくのでしょう

小網倉浜 や 狐崎浜 に
佐川もゆうパックも来ています
かといって 荷受けの際は
局留めになります と言われるかも知れません。

本日、ヤマトのクール便も届いていますが
石巻のセンターの保管庫が許容を超えてしまえば
荷受け出来ない場合もあると思います。

今日の時点で確実に言えるのは
さむらい浜にも 十八成浜にも
普通のクロネコヤマトは届いています。
運送日数の増減を除けば それは間違いないです。

IMG_0006


また 支援物資についても 同じです
私は 余震等の可能性、支援体制の変更等を踏まえ
避難所も 個人宅にも 出来るだけ備蓄、
備えをして 貰いたいと思っています。

特に 在宅避難者の場合 近々に 配給元が替り
一時(どの位の間が読めません)
支援物資が断たれる可能性も否めません。

ですが 被災者側は あまり 次の余震等の
備えについて 考えたくない のだと思います。
それは その通りです。
また 二度と あの思いをしたい人など 皆無でしょう。
ですから 備蓄する と言う気持ちの余裕は
まだ 無い のかも知れません。

支援物資を個人で配送した人が
余りました、断られました
と声だかにしてしまう事が
次に起こるかもしれない「何か」に対し
支援物資を募ったり ボランティア活動したりする
ブレーキにならないとも限りませんので
深く配慮頂くことをお願い申し上げます