ある方の小学生の息子さんが

書かれたお手紙を紹介します





      

「命」

〜東日本大震災の被害にあった方々、悲しいことがあった方々へ〜 

命 命って すばらしい
       
命は わたしたち みな持っている

動物でなくても
       
植物でも 物でも

えんぴつでも なんでも

        
そうすると なんだか

全てを大切に思う

命ってすごい

         
一生を終えても

まだ 命というものは

なくならないもの


一生を終えても
        
命とは まだ

生き

ぼくたちの

ずっと ずっと

そばにいてくれる


だから 命は 命をすくい

みんなで助け合っているもの

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨日計画停電中の静かな時間に、もくもくと何やら書いていた長男。
「母さん、被害にあった方々、悲しいことがあった方々へ詩を書いたよ。」
と。

こども心に何かしたい、何かしなくちゃという思いが強かったようだ。

「母さん、僕のおこづかいから一緒に募金して。」とも。

多くの支援が行き届き、一刻も早く復興しますように。
被災された方々、悲しい思いをされている方々が、希望を持って、強く生きてくださいますように。  

まる、母もできる限りのことを考えて実行しようと思います