結論から言えば この
俗に言う 「トップの形」なんて
どうでも 良いんだけど

とりあえず チェックポイントを
見てみよう

2007wo88


一見すると かっこよく見える?!

では この二つを比較して貰いたい

向きを回転する動き
というのは どこかに軸 というか
支柱みたいなモノがあって
本来は 左右対称に回るべきだろう
体の厚みをちょっと割愛しても
軸になるべき モノは 左右の真ん中に
ある筈… 本当は背骨なんだけど…

2007wo852007wo88







前方の風景を比べ 右サイドは動かず
左サイドが前に出ただけ。。。
実は背骨にヒネリを入れながら
 左横に傾いただけ なのだ

だから 左右の腕の長さ(長さ効果)が
極端に異なってしまい
彼女がこれから どんな風に打つか
皆さん ご存じだろう。

左手 左腕一本だけ 動かし
長い 重いクラブを右に動かせば
必然的にこうなってしまう。

ベルトや腰のラインと比べ
肩周り、胸周り(ヘンな想像しないように)
が 大きく違う向き…
背骨が強烈に捻られている。
でも 腰 ベルトのラインと
 胸や肩のラインを見て欲しい


今流行の オンプレーンスウィング…
だけれど 肉体的に酷使するのが
一番のデメリットだけれど
アマチュアが真似る上で
技術的な問題点も否めない。

アドレス時の傾き通りに伸びた左腕
傾きをなくしてしまえば
上がっていない コトになる

  ・・・意味分かりますか?

傾きを利用して 上がった としても
ボールを打つ部分である フェース面は
トップオブザスウィングまでの
行程で 右に90度回転してしまって
この状態では ヒール
それも シャフトの裏側のヒールが
ボールと対峙する状態になっている

このままでは
 ヒールがボールに当たってしまう
上に このトップは
ゴルフクラブ、そしてヘッドが
ボールを打っていく方向に対して
一番重くなる姿勢

ダウンスウィングの過程で
クラブが更に重くなり
右サイドは下げられてしまうし
スウィングの作り円弧は
ドンドン大きくなってしまう。

訓練がし尽された上で
筋力が無いと ヘッドをボールのところに
持っていくコトがかなり難しい

更に このハードの環境の中
ヘッドを左回転させないと
フェース面とボールがコンタクトしない…

その回転にも 外力として
不可抗力が働くから
体が複雑に反応、対応し
ボールを当て、目標方向に打つ
のだから 年齢が高くなってしまっては
遠くへ飛ばす コンスタントに当てる
目標方向に打ち出す
どれもが難しくなる だろう。

2007wo88スナップショット 6 (2011-02-11 21-47)







右の写真の方が数段自然で
確実に当たりそうな上
体への負担も少ないと思うが
果たして 皆さんにはどう見える?