スナップショット 1 (2011-02-27 18-10)

ゴルフスウィング クラブ扱いが
こんがらがるのは この領域が
向きを変えたり 角度を変えたり
時間、その時に応じて
 動いていくことが原因だろう。

この ABCD で 構成する平面は
体の向き・・・脚の動きによって
向きを変え カメラを固定していると
右を向けば この面は 線に見えてしまう
左を向いても やはり 線に見えてしまう

今はいなくなってしまったけど
チンドン屋さんの首からぶり下げる広告
板をイメージしてくれると良いだろう

右肘を曲げる(右上腕を上げたり)
左腕を上げれば 腕の付け根を支点に
角度を変える

向きと角度がいつも いつも 変化している
イメージがし難いモノとも言える

特に スウィングを分解写真のように
その時、時、コマ、コマ で
型を
作るイメージの強い人にとっては
なおのコト イメージし難いと思う。

また オンプレーンスウィングのように
両腕をひねってしまうと
同じく チンドン屋さんの看板も
捻られてしまうので
スナップショット 4 (2011-01-21 1-04)例えば この手のテークバックでは クラブは高くなったけれど Cの領域に居るので 決して上がってはいない! と言う認識が必要になる

テークバックを取って クラブを上げる!
ヘッドに位置エネルギーを与える
のが その動作の目的なのに
そして それは ボールを打つ
ボールを目標方向に打つ
 というのが
一番の目的なのに
あげるコト! テークバックを取る事!
が目的になってしまっている。





腕を動かさない と言う状態では
この角度から見ると
テークバックでの 領域は
こんな感じ(下記)になる。

ここで 陥り易いミスは
腕也 肘也を動かすのには
当たり前だから 時間が必要!

これは あくまでも
腕を動かしていないサンプル
であって この状態から
次に 腕を動かしたのでは
腕やクラブに向きを変えた、回転の
慣性が付いてしまっているので
体、そして 腕 と上げてしまうと
必ず 腕が捩じられてしまう。

腕を捩じってしまうと
この状態では DAが上で
CBが下にあるのが
AB が上になり
 DC が下になってしまう
この領域が横に倒れてしまう。

まぁ だから あえて 登りも下りも
肘や腕を先に使うように
このブログでも書いているのだけれど・・・

スナップショット 1 (2011-02-28 17-16)

この時点では 体の向きは
半分以上完成しているのだから
腕の作業も半分以上終わっていないと
イケナイ訳だ・・・
単純に この画像に 右肘のクランチが
加わっていれば
(既にそれがほぼ終わっていれば)
クラブヘッドは B→Aを通って
AとDの境界線あたりか
少々 Dに入った領域にあり
グリップ位置は この画像の
Dの文字あたりにあるのだろう。

そう考えると
右肘は 体の傾きに沿って
横に動いているだけ とも言える。



この領域に不必要な
縦方向への捩じり を入れるのが
現代の主流のスウィング…

鼓笛隊打法と呼ばれているモノは
その ねじりを入れないコトで

双方の違いが 180度なら
もう少し 相互関係があり
簡単に学べるんだけれど
90度 縦と横が反対の関係ってのが
悶絶してしまう要因なんだろうなぁ〜