遅くなってしまいましたが
パターと6番アイアンの感想を
送らせてもらいます。

 

6番アイアンは、
「振らない」で良い
というのがよくわかります。


自分とクラブの位置関係を変えない。


アドレスの姿勢のまま
腕を動かさずにボールを打ってみると、
ダフリます。

前傾姿勢分
持ち上がったクラブの重さで
腕が伸ばされるからだと思います。


アドレス姿勢のままの
腕位置を動かさないで打つには、

かなり左にスライドする必要があります。


もしくは、クラブが落ちる分、
クラブを持ち上げておく必要があります。


クラブを持ち上げるとにき、
右ひじをオンプレンのように
絞って持ち上げてしまうと、

クラブよりも地面側に右ひじがきてしまい、
クラブが落ちる邪魔をしてしまいます。


クランチで持ち上げると、
右ひじ、腕がクラブより上になって
邪魔をしませんので、

ダウンの際に、
腕でクラブを下げる意識を全くしなくても、
クラブの重さで右腕が

引っ張られてボールまで届く、
という感じです。


その際、右腕に少し力を入れるとしたら、

その方向は、クラブが落ちる方向
(合掌方向というのでしょうか?)
だと思いますが、

ここで、まだ疑問が残っています。


入れるタイミングです。

ブログを拝見していると、
まず合掌方向へ動かして、
それから体をスライドさせていく
という順番ですが、
ここがなかなかできません。


自分の感覚では、
(股関節で)前傾姿勢を維持したまま、
スライドしていくときに、
クラブが右に置いていかれないように
右ひじに力を合掌方向に入れておく、
そしてそのまま正面を向いたときには、
クラブの重さで右腕が伸ばされボールに届く、
というような感じです。


腕を合掌方向に動かすことを、
大げさに最初にしてしまうと、
体がついてこないというか、
手と体がバラバラな感じでしかも、
体とクラブの位置関係が
 保持できていない感覚になってしまいます。

なかなか、合掌方向へのクラブの重さで
勝手に体がスライドするという
感覚が生まれてきません。


文章から取る感覚の違いでしょうか?
それともやはり、
明らかに腕からの動きが正しいでしょうか。


ダウン
(足さばきによるスライド)のスタートは、
クラブの重さを合掌方向に感じてから

スタートしていますが、
その重さにいざなわれて
 勝手に体が動くというよりは、
自分の
意思でスタートして動いています。

ここらへんが、
ブログの文章と自分の感覚がズレており、
現在の研究?対象です〜

 

という現在ですが、
6番アイアンは、
「振らなくてよい」といことを
 ものすごく感じさせてくれます。

s12

体で正面を向いたら勝手にドン!
 とボールにぶつかる感じです。

このドン!という音が
以前のクラブとは全く比較になりません
(練習場ではひときわ目立つ音です)。

以前のクラブより、
ダウンで力を入れなくても
腕が伸ばされるので、
力を入れなくても同じ距離が飛ぶ
という感じでしょうか。

それから、
 フェースにボールの跡がつきます。

こすれた跡ではなくてくっきりした跡です。

以前の6番では(他の番手でも)
練習場のボールでは跡はつきませんでしたが、
New6番は跡がつきます。

単に材質の違いなのかも知れませんが、
ボールが潰されているのかな
 なんていいように思ってます。

 

そして、わかったことは、
以前のクラブでも全然いける!
 ということです。


以前のクラブでは
ダメなのではと思ってしまったこと
ご容赦ください。


New
クラブは、
クラブの使い方を以前のクラブより
 鮮明に教えてくれる「だけ」です。


破壊力が違うというのも
魅力ではありますが、
ここでは敢えて「だけ」と
書かせてもらいます。

New6
番で正しい感じを1、2球聞いて、
以前のクラブで打ってみる。
そうすると、力の入れる方向や場所、
抜かないといけないところが感じられます。
そんな感じで練習できそうです。

 

最近、グリップが指でできるように
なってきました。

以前は手のひらで握っていました。

これもよい傾向だと思ってます。

 

パターですが、

アイアンと同じです。
クラブの重さで右腕が伸ばされて、打てる。

だから、クラブが落ちる反対方向に
テークバックして、
落とすだけみたいな感じです。


先週、コースに行ってきました
4ヶ月ぶりなんですけどね;)。

感想は、皆様が仰られているのと同じ
ですが、私が一番助かる!と感じたのは、

緊張していても
クラブの重みで打てるということです。


緊張する場面というのは、
いろいろあって、
そもそもコースに行くのは遠足に行く
のと同じでわくわくドキドキしていますし、
パーやバーディチャンスに
つい(ちゃっ)たときや、
ショートパットなどはずせないときです。

いずれの場面でも
知らぬ間に力が入ってしまって
クラブの邪魔をしてしまいますが、
Newパターはそう なってしまった場面でも、
クラブが助けてくれます。
素晴らしい相棒です。

 

いや〜やっぱりゴルフは
 いろいろと面白いですね。
  やめれません。

末永いお付き合いを
どうぞよろしくお願い申し上げます。