初めてクラブを握る
もしくは 初心者の人に
どんなアドバイスをしたら良いのか
と言うお便りを頂きました

その相手の方が 力自慢である
運動神経に凄く自信がある 若者
で あれば 好きに打たせておけば
良いと思いますが 弊社のクラブとは
言わなくとも 例えば アイアンであれば
スウィングウエイト D−5 以上
出来れば 硬さも #5/250cpm
(測る方法がありませんけど)
さえ 使っていれば 自然と
正しい使い方の方に誘われていきます

ま、 でも その若者が
自分で出来るようになれば
自然と 軽いヘッドの硬いシャフトの
クラブに移行してしまいますから
意味はないかも知れませんが…

スナップショット 1 (2011-02-27 18-10)

女性や腕力の無い方に
ゴルフを教える場合

やはり ゴルフクラブの横の動き
円の動きは 脚の動き なんです
お尻の向きが変わるから!
 なんです
と教えてあげてください。

体 胴体の部分には
水平方向に  のような機構が
存在しませんので
肩が回る と言う用語も
胴体 お尻 骨盤が回る から
その上に乗っかっている肩も廻るんで
ゴルフクラブの機能上
それを 腕で左右に動かしてしまうと
クラブが開いたり 閉じたりと
捩じられてしまうので
最大の機能 ロフトの意味を
失ってしまいます。

また 遠心力をボールを打つ
みたいな錯覚も早い段階で
解いてあげるべきです。
まったく 遠心力を使わない 訳では
ありませんが 少なくとも
楽をして 力に頼らず ボールを飛ばす
ことを目標にする限り
遠心力は使わない
 と思った方が良いでしょう

肘を使って(利き肘を外に張る)
クラブを上げる

・・・この時に間違わないで頂きたいのは
ns153この状態で クラブヘッドの重さ
やクラブその物の重さで
クラブが落ちる とか 下がる
というのは
いま 単純なる地面 重力に
対しては グリップが下で
ヘッドが上にありますが
これを落とせば
その姿勢のまま落ちるのです
ヘッドの方が 先に着地するのは
人為的な動きで クラブの動きでは
ありませんから

クラブを上げる

と言う言葉は
アドレス時のクラブ姿勢
のまま クラブ全体を上に上げることを
指すので クラブのどのポイントも
同じ分量 動く あがる そのコトを
指します。
クラブヘッドの形状上
 ヘッドの方が 若干 移動量は
多いかも? 知れませんが
動かす人為的な移動は
あくまでも ヘッドも グリップも
等量 だというコトです。

脚を使って 回転し
肘を使って 高さを出す
それを 同時に行う

特に 利き肘の動きは
体の回転ともリンクしていますから
必ず クランチ! 外に張る
腕立て伏せやボールを投げる姿勢
にすることが 重要です。