利き肘のさばき
クランチの動き を 元に
クラブの動かし方 を考えてみよう

20090801 2009_09_01_01_25_27-334フレームショット

利き腕の長さを伸ばす(元に戻す)
ことによって 左手とシャフトの
コッキングを解く
 こと とすると
ヘッドは下がるけれど その反作用
として グリップ部は上がろうとする

手首や肘は小指側に折れないし
その行為は 一瞬先に痛みが伴う
ことも想像難しくないから
体は本能的に前傾姿勢を解き
グリップ部が上がっていくのを
補助していくだろう

20090801 2009_09_01_01_25_27-346フレームショット

今度は 左手を中心に
クラブを振る
 ヘッドを振る
もしくは シャフトを返す為に
左手をロールさせる為に
右腕を伸ばしたら どうなるだろう

進行方向に対し
ヘッドは ボールや飛球線方向に
出ていく… というコトは
その反作用で グリップは
右(進行方向と反対)に動いていく
作用が働いていく

上の行為でも同じだが
グリップよりもヘッド部を沢山動かせば
ヘッドに不必要な遠心力が加わるから
クラブその物が外に膨らもうとする
外力(遠心力)も働く…

その行為は 体に対し
右半身側で行われるから
体を左にずらしたり
左脚に乗っかっていくような
スライド(シフト)の妨げに
なるだろう

20090801 2009_09_01_01_25_27-361フレームショット

双方ともに 右腕を伸ばし
左の手首を支点とした クラブさばき
を行うと 二つの異なる
もしくは 複合した加圧が
左腕を通して 左肩に掛かってくる

そうすれば 人間は自然に
その負担や負荷を逃がすように
反応するから
だいたいの場合 肩は上へと
逃げ始めるので
骨盤から上の胴体、上半身は
胸から上と胸から下に
分離して動くようになってしまう

左肩が上に逃げれば
クラブの動きは 本来の骨盤での
動きに比べ 小回りになるし
急激に腕に動き始めるので
最下点付近の時間が短くなり
ダフッたり トップしたり
体が正面を作れず 開いてしまうので
擦ったり 引っかけたり
してしまう

運動中 鈍感な体 というのは
殆ど 反応して動いているだけ
いかに 脚 そして 腕
という四肢を上手に使うかで
胴体の動きは決まってしまう と思う。

また それすらも
クラブの位置や姿勢によって
決まってしまうのだから
如何に クラブの作る不可抗力を
上手く打たせない不可抗力 ではなく
上手く打たせちゃう不可抗力
にするかが 鍵なのだと思う