ヘッドの重たい、シャフトの柔らかい
ロフトの大きい、長尺では無い
  ハミングバードのゴルフクラブ

多くの方は まだ 悶絶途上…

sample 2009_09_29_23_01_02-1364フレームショット

でも 中には 悶絶を脱出しかかっている仲間もいる

その仲間からは 必ず 「アレ」の質問が来ます。

その「アレ」の質問は 電話やメールでの回答が
非常に難しく 伝える側も 受け取る側も
イメージの錯誤が続いてしまいます。

スウィングやクラブ扱い と呼ぶ
ボールを出来るだけ少ない労力で
確実に 遠くへ 繰り返し 打撃する方法の中で
「アレ」は唯一の  と言えると思います。

悶絶の中で ぐるぐるとまわってしまう人の多くは
自分の頭の中にある固定観念にとらわれ
その理念と反する 刷毛塗や鼓笛隊打法 が
なかなか 頭や体に染み込みません。

ですから 本来 必要のない
スウィングのコマ送りの箇所、箇所での
型を追いかけることになってしまいます。

視覚情報としての「型」 、もしくは型作り は
まったく無意味という訳ではありませんが
型 というのはすべて 理由が存在するので
その理由を理解していない限り
強制労働 としての「型作り」になってしまうので
馴染まないのだと思います。

その理解の壁になっているのが
ヘッドの重さ をいったいどう使うのか
なのだと思います。

悶絶仲間の殆どが
ヘッドの重さを 遠心力と結び付け
スウィング することの容易さの為
ヘッドの重さを利用しようとしています。


説明がし難いと言えばし難いのですが
ヘッドの重さを利用し 反動を付けたり
勢いを付けたり するコト ソノモノは
ボールを遠くに飛ばすのには
直接的には利用できず
ヘッドを速く動かしているような
ヘッドをたくさん動かしているような
ヘッドに勢いが付いているような
そんな気分にはなりますが
ヘッドが作り出してしまう遠心力は
すべて 持ち手である 自分に掛かるだけで
ゴルフクラブの構造上 直接には
ボールを打撃すること…
ボールを遠くに飛ばすコト
 には使えません。

すご〜く 間接的には関係がある のですが
すご〜く 遠い関係で
ヘッドの重さ や クラブの長さを利用し
遠心力を作り出す そのエネルギーの増大は
持ち手の労力には比例しますが
ボールを遠くへ 正確に 飛ばすには
反比例するに等しい関係になってしまいます。

そこの理解が進むと
最初で最後の難関
最初で最後の「型」
 「アレ」 に辿りつくと思います。