これも 実は大きな勘違いの元
だったり するのだと思う。

和製英語の難しいトコロではあるけれど
スポーツに使われる「ブロー」と言う語意には
ハンドジョブ 腕や手の作用 というのが
含まれていると思う。

しかし ゴルフの場合
ダウンブロー と言う言葉が使われること
自体が間違っている と思うのです。

正しくは 下がり軌道 と呼ぶべきでしょう

そうなると その 下がる 下がり と言う行為
に 使う体の部位が含まれてこない ですよね

そう ダウンブロー に打つ
という 感じだと
腕を使って ヘッドを下に
クラブを下に動かすイメージが
付いて回ってしまいますが
実際には 下がり軌道
傾きがある上で 向きを変えるから
生まれるのであって
右を向いていれば
右が高く 左が低い
クラブの進行方向は 下がり軌道 です。

ただ それだけ なのです。

どこにも 上級者の証 のような
ハイスキルの技術が含まれていない
出来る 出来ないは 別にして
初心者にも理解が出来る 仕組み なのです。

006

それに関連して もう一つ
ロフトを立てる
と言う動きを ハンドファースト で
作ると思っている人が多いのですが
実際には クラブと手の関係は
ハンドファーストにも ヘッドファースト
にも 意図的には一切なりません

では なぜ そう勘違いしてしまうか
と言う答えは ダウンブローの間違いと
全く同じで
インパクト というのが
ボールと自分の関係で言えば
体の正面 です。
ですから それよりも前の時間
例え 0.1秒前であったとしては
それは まだ 正面を向く前
ですから 右向き な訳で
右向きの状態を 正面から見れば
グリップの方が左にあり
 ヘッドは右にあります

 ただ それだけ です。