アップライトなライ角度のクラブ

確かに、ボールが右に出る確率は
ぐっと下がる。

ドライバーのフックフェースよりも
より効果的で 同じ1度の変更であっても
ライ角度の方が 右方向への抑制は
格段に高いと言える。

ライ角度は 本当の意味での
フェース面の向きの「ひとつ」 で
ボールの飛び出し方向は 当たり前だけれど
平面上 という訳ではなく
もっと 立体に飛ぶイメージ を
持って貰うと良いだろう

IMG_0001_NEW

しかし 過度なアップライトなクラブには
長い時間を掛けての 弊害 も待っている。

度にアップライトなクラブは
必ず ボールと自分との間合い(距離)を
時間を掛けて 少しづつ 近くする。

少しずつ 少しずつ がゆえに
はっきりと 自覚する のも難しい

想像するに コースへ行くと
練習場や素振りよりも
殆どのゴルファーが
ボールを右寄りに置きがちで
間合いも「必ず」近くなる
あまり 例外はない。

アップライトなクラブと
ラウンド回数 の化学変化 が
ボールを近づけていく のだろう。

多くの人は
スライスを避けるため
アップライトにするのだろうけれど
ボールと自分との間合いが
近すぎる と 長モノ
ドライバーを含めた ウッド系が
苦手になりがち。

スライスを回避するため アップライトに
したのに 時間 と言うモノの経過が
それを 以前よりも 深刻な
スライス症候群 に引き込んでいく…

ここの部分、購入されるアマチュアの
ゴルファーは 目の前の問題
「すらいす」を解決したいコトに
当然 ココロが奪われてしまうのだから
売る側、プロの側が指摘する也
過度になり過ぎないように抑制する。

まして プロの側であれば
ソールに付いた傷、
そしてフェース面上の打痕 が
一致していない時は
ライ角度 の問題ではなく
シャフトの硬さだったり
ヘッド重さだったり
別な問題
というコトをしっかり認識しなければ
ならない。

 とは言いつつ
スライス ってどうやって起こるの?
を知っている筈の売る側(プロ)
 が少ないのも事実か・・・・・・

エゲツなく言ってしまえば
クラブを その形通りに使えない から
悩んでいるのであって
解決方法に 形から入ったら 当然
本末転倒だし 売る側にしたって
より 形通りに使えない シャフトの硬さや
ヘッドの軽さ
 を主力商品にしていけば
クラブが機能しない させないの
スパイラルから抜け出せないよ。

体力や運動神経、練習量と関係ない
下剋上だから ゴルフは面白い筈なのに…