腕と体が同じ仕事を取り合う
(スウィングプレーンを作る…等)
と どうなるか と言うと

本来は 
別々な同時進行の仕事

仕事としては 肘と脚
特に 右肘と左脚 の仕事である
まぁ 分かり易く言えば 腕と体
 ほら だんだんわかってきたかな…?

どこかの記事で
スウィングの中
クラブの構造上
体の部位 肩とか肩甲骨 を
使うことは 前提にされていない とある筈。

そう その両方の仕事を
Wブッキングで 腕と体で
するとなると
その中間点
 肩と肩甲骨 で
その仕事は 一括下請け となるのだ

スナップショット 6 (2011-01-21 1-05)よく見ると 動いているのは 左腕? ・・・左肩周りだけ それによって 少々体は捩じられているけれど 本来は この仕事は脚による 横方向=体の向きの変更と縦方向=右ひじによるクラブのスライドとか引き付け 一括下請け したでしょ。

悶絶現在進行形 の方のスウィングを
見させて貰うと あまり 例外なく
本来 ある筈のない 交互に肩の上下の動き
に違和感を感じる

動きが間違っている 以前に
動きそのものも存在がない筈だし
 その部位が意志をもって動くこともない。

間違っているのなら 直せるけれど
存在しないモノが あれば それは混乱する

スウィング改造・・・
 直す と思ってる限り

サンプル映像 と
 持っているジグソーパズルのピースが
異なる上に ピースが多ければ
どんなに努力しても
思い描いている サンプル映像にはならない。

4190-1-2

左腕しか動いていないし
重いモノが右後方に行ってしまったから
左サイドが前に出てしまい
ものすごくアンバランス

破壊力の源である
ヘッドがボールを打つコトに対しては
上がっていないから 破壊力そのものが
全く存在しない 
破壊力を作る準備段階であるはずの
テークバック・・・

脚が動いていないのに
動かしたら 体は左を向いてしまうし
左腕しか動かしていなければ
クラブに遠心力を付け
 スピードを上げない限り
ボールは飛ばないけれど
非常に コンスタントにボールを打ち難い
クラブの機能も構造も
シャフトの硬さや種類も
まったく無視してしまっているので
棒みたいなシャフトの
空気のような重量のクラブヘッドで
打つのが最適だろうね。

テークバックを作るコトが一番
問題になるだろう。

このテークバックからでは
魔法でも使わない限り
クラブもヘッタくれもあったモンじゃない。