撮影の為に 数球、 ホンの数球
オンプレーンスウィング
オンプレーンスウィング と言うよりも
テークバック→トップでの
肘の使い方を意識しただけ

なのに それ以来 グリップがおかしい・・・

個人的には 自分の
ゴルフショットやスウィングそのものには
興味がない・・・
唯一 その中で モノの方じゃない
握り と言う意味で グリップには
興味があって
あの 手の形には 人間のただ一つ
できる 動かない動き の美しさ
多分 動作として スウィングの
終着点は 動かない という 動き
がグリップには集約されている
と思っている。

ただ グリップから
覚えられるのは 初めてグリップを握る段階
であって すでに グリップを覚えてしまっている
ゴルファーにとって スウィングを変える以上に
グリップは 聖域 と呼べるほど
変えるのは難しいし
グリップが変わっていれば
 スウィングは既に変わっている

123


多くのゴルファーを見てきた中で
「美しい」
「静かなる動き」
を 想像させる グリップをしている
ゴルファーは数人で
ファンの人には申し訳ないけれど
ガー  選手のグリップなんて
個人的な 独断と偏見で
 ム★デのから揚げ
みたいな 印象しか ない

そう 肘使いを意識して
撮影用に 数ショット打った
それだけ で それ以来
グリップがおかしい・・・

今まで ゴルフのショットで
マメ なんか 出来たこともないのに
マメが出来そうな感触がある

右手が横から入る感じがあって
そうであれば ポスチャア(アドレス)
にも 影響が出ているんだと思う

ssng

このスウィングをするのなら
このスウィングをするためのグリップ
になるのは 当然だし
リズム・タイミングは勿論のコト
グリップが変わらないのに
スウィングを変えることは不可能!



スウィング(クラブ扱い) と
ポスチャアも含めたグリップ

どちらが ニワトリで
どちらが タマゴ かは断言出来ないけれど
後から スウィング改造に挑む場合
目標になるグリップを知ったうえで
スウィングの約束
クラブ扱いの基本を学んでいき
その 目標たるグリップに
自然に行き着くか どうか
というのが 基本線だと思う。

グリップから変える
も 勿論可能と言えば 可能だけれど
比較すれば いばらの道 だろう


例えば 
どこか遠方に遊びに行くのであっても
行き と 帰り は
まったく同じルートでも
同じではない

難易度 と言う意味では
上から順に容易なのは

★クラブ扱いを悪くする
→ グリップが醜くなる

★グリップを醜くする
→ クラブ扱いも酷くなる

★クラブ扱いを良くする
→ グリップが美しくなる

★グリップを美しくする
→ クラブ扱いも良くなる

だと思うんだけど ね・・・