タイトルの通り
肘使いは 必須条件といって良い

これには 肘さばきのみ の 「刷毛塗」の要素と
脚を使った 軸足(直立脚)のある向きの変更
が含まれている上
双方を融合させる 唯一のスパイスである

クラブは横には振らない
クラブは腕で縦に振らない
腕さばきで 円(スウィングプレーン)はなぞらない

腕でクラブを動かす量
 ソノモノは 胸幅 顔幅 程度 であるコト
などなど スウィングの殆どの要素が含まれる

正直 脚さばきと肘さばきで
スウィングは構築できる とも言える

スナップショット 4 (2011-01-18 22-17)


ここに挙がっている画像は
かなり 良い線行っている悶絶現在進行形 で
時間はそれぞれでも 
遅かれ 早かれ 必ず 出来るようになる

スナップショット 3 (2011-01-18 22-53)

ここの部分の良い点…
 簡単な点は 
しっかり理解さえすれば
不可抗力の非常に少ない部分なので
みんなの好きな「型」式で
覚えるコトが出来ることと
前述の通り 不可抗力が少ない箇所なので
イメージと現実がかなり近いモノと
 な り 得 る !

スナップショット 2 (2011-01-18 22-52)

出来るようになっている方達の
共通する点は
テークバックが以前より
ゆっくりになった 点だろう
 それも だいぶ ゆっくりになっている筈

今までは 変な理解で
クラブヘッドの重さを使って
勢いを付けて テークバックを始める

ヘッドの重さを使って 反動を付けるような
ヘッドを落とさず グリップを支点に
シャフトを回転させるのには
急がなければならない・・・から


スピードを上げるコト…
みたいなイメージが 初期の段階で
クラブヘッドを速く 早く 動かす

ま それと 左肩を回す とか
左手で上げる というロジックが
ハマったから  なんだろうけれど。

スナップショット 4 (2011-01-18 22-53)

これが出来るようになれば
クラブにこれからのスケジュールとか
目的の場所 なんかを「ナビ」として
相談することが出来るし
更に理解が深まってくれば
あぁ〜 自分は従者なんだなぁ って
思えるようになってくる。

従来 ゴルファーの言葉 に
「クラブが言うコトを聞かない」
ってのがあるけれど
クラブは 動力もなければ 生き物でもない
動かしているのは本人なんだから
言うコトを聞くも何もあったモンじゃ
無いだろうに…
それに その言葉の中には
自分を主人、クラブを召使 みたいな
ニュアンスが含まれている よね。

肘さばき、クランチ…
 ここが大きな突破口だね