昨日の記事の続き みたいになってしまうけれど
どう動くか ばかりを考えている限り
その壁を破ることは出来ない

練習に来られる方の
許可を頂き 練習のメモを見せて貰った

★ セルフチェック

始動でクラブヘッドから上げない、グリップから上げる。

ヘッドを上げずにクラブを上げる?

右肘を上げる時に右肩甲骨が上にいったり背側にいったりしない。

飛ばそうとして、クラブを上げすぎない。グリップが右胸の前あたりまで。上げすぎると左手首の角度がなくなってしまう。

体重移動で反動をつけない。

トップで右体重になったら、一度止まっておく。

トップから体重移動が先に始まると、キャスウィングが始まる。

トップからの始動は、クラブをアドレス正面方向に倒しながら右手でグリップごと押す。

クラブが倒れ始めたら、徐々に体重移動も同調させる。

腰の回転は意識しない。自然と正面を向いてくる。

インパクトでは、ヘッドは体正面より左側(ワイングラス!)両肩はまだ少し閉じているぐらい。

以前の打ち方だと、腰を開いてクラブを遅らせていたので、クラブの位置は体の正面よりずっと右にあった。

現在は体の正面より左!にあるので、違和感バリバリ。

インパクトで左肩が上がりやすい。どうしても高い球を打とうとしてしまうせいか。

左肘と左手首で力を受けて、左肩が上がらないように。

 

★HBSレッスンノート

グリップ

 左手は第3、4、5指で握り、指先よりで持つ。こぶしが出来ないように手掌は伸ばす。かなり頼りない感じ。右手もこぶしが出来ないように、指先よりで握る。

始動でクラブヘッドから上げない、グリップから上げる。

 

ヘッドを上げずにクラブを上げる?

トップからフェースを下向きにしたまま、左手の甲を地面に向けて、クラブの重さでクラブ全体が落ちてくる。この時肩を開かないように左にスライドする。先にクラブが動き始めてからスライドする。それにつれて左腰が徐々に開いてくる。

グリップを止めてヘッドだけ下に動かすのではなく、クラブ全体が下に動いて、左肘と一緒に動く。

刷毛塗りの動きはそんなに大きい物ではなく、両耳の間ぐらい。右肘を張るように、しっかり左肘も張る。グリップが近すぎると左肘が下がりやすいので、胸に近づきすぎないように。

トップからライ角に沿って下ろすのではなく、フェースを下に向けてロフト角に沿っておろす。

右から左にスライドするとき、左肘を外に張り出してクラブを動かす。左肘が脇についていると、クラブが動かせないし、左肩が上がってしまう。しっかり左に乗り切ってから、クラブを上に抜いて行く。

 

パッティング

 ヘッドだけ振らない。右手でグリップとヘッドのクラブ全体を押す。あまり大きく振らない。コンパクトに厚く当てる。

 

★HBSレッスンノート

トップで一時止まり、クラブを先に左下に送ってから、腰は右向いたまま左にシフトする。

以前の打ち方だとインパクトで腰が開きクラブは右腰よりも右にあった。HBSではインパクトの時に少しクローズでクラブは左腰の前にある!

右肘はしっかり外側に張り出す。

左肘もしっかりと外側に張り出す。左肘が脇についたまま背中側に引き込んでしまうと、クラブも送れないし、左肩が上がってしまう。出来たらインパクトまで左肩が上がらないように、右肩の方が高く保つ。

ダウンからインパクト後にかけて、右肘を伸ばすことによりクラブ/グリップが体から離れる。

小さいアプローチでも体から動かさずに、右肘でクラブを送ってからシフトする。

インパクトは出来るだけクローズに保つ。自然と開いてきてしまうので、素振りの時点では出来るだけクローズに。

クローズなりにシフトするので、右かかとから左つま先に向かってシフトする。少し沈み込みながら。

クラブを右上から左下に送るのは、クラブの重さを利用してロフト方向にクラブ全体で送る。

クラブを右上から左下に送る練習は、体の正面で行わずに、骨盤を右に向けた体勢で行う。アドレス時の背側から腹側に送る。

アプローチでヘッド/クラブを振り子の動きにしない。トップの時のシャフトの傾きを変えないように右手首の角度を変えないように送る。左手首の角度は背屈した状態からから掌屈して行く。決して尺屈しないでディッシュアングルを保つ。

 
s12

 ここまで 熱心にされていても
やはり 動き に囚われてしまう限り
不可抗力を味方にすることが出来ず
意志と違う結果を招いてしまう。

ご本人とも交わした会話だが
長い時間を掛け 多くの球数を打ち
作り上げた 今までのスウィングは
体に染みつけた「轍」のような
モノだから
こと 同じゴルフ
ゴルフと言う意味では
同じ類のスウィング と
思っていると 想像よりも
その轍は深く はっきりしているので
そのすぐ脇を走っていると
すぐに その轍に入ってしまう。

轍に入っている方が
ハンドル操作も楽だし
ある程度 慣れているので快適…

いざ 轍を外してしまうと
妙にハンドルが取られたり
不快感の塊 になってしまうのだろう