スウィングのコツを一言で、 の質問に
あの ジャンボ尾崎 は
 「肘の使い方だね。」と即答 

fromsky-1098フレームショット

それに対して
多くのゴルファーの肘の使い方は
多分 この言葉から 始まっているのだと
思う。
 「わきを締めろ」

正しい意味では良いことなんだけど
アマチュアは勝手な解釈から
脇→→→→脇の下
になってしまっている

脇をしめろ
の本当の意味は
常時 腕を体の脇…
体側に置いておけ
と言う意味で
肘を曲げる場合でも
体側をまたぐように
肘は外 手は中
(格闘技のポーズかな)
の状態を指すので
体の脇に腕を置いたまま
肘を曲げてしまうと
ゴルフは両手が同じようなところを
握っている制約があるので
その反対の腕の脇
がら空き
になってしまう。

4190-1-2

特に ゴルフスウィングは
左腕 左肩を積極的に
使うことがなぜか崇拝されている


経験が豊富で スコア自慢の人の
上から目線 アドバイスは
決まって
「右手がイタズラしたな」
である。

右のわき『の下』を締め
左腕 左肩でクラブを動かせば
右ひじの位置は殆ど動かない
体が捩じられたことで
すこし移動するだけで
左肘の移動量・運動量に比べると
四分の一 
も動いていないのだから
動いていないモノを
ダウンで動かしたら
ミスになるわな…

じゃぁ なんで 右利きの人が
力の強い右を使わない 右打ちにするんだ?
右利きのゴルファーは
左打ちがゴルフ上達の近道
とは 聞いたことないぞ…


クランチ…腕立て伏せ
みたいな使い方を推奨しているんだけれど
やっぱり 腕を使って
クラブを
どのように動かしたいか
によって
その理解度によって
大きく異なってしまうと思う

基本的には クラブを横に
スライドさせる
その 横 と言うのも

前傾姿勢&向きの変更

に対する横なので

いつ

によって 横に
上も下も含まれてしまう
のを忘れずに。

それに対して 右ひじを下に向けて
曲げていくゴルファーの場合
腕さばきを使って
ヘッドで円を描く
もしくは
シャフト(クラブ)を捩じる
ことが主目的なのだとおもう

腕は概ね 左右対称に動く ので
テークアウェイで
肘を下に向けてしまった場合
インパクト~フォロー で
今度は
左肘が自分を向いてしまう…
すると 左肘がロックしてしまい
それを支点にヘッドターンするのだと
思うけれど
これでは 筋力の弱い左肘は
必ず 壊してしまう

また 左肘が自分を向いてしまうと
その加圧は
下から上に向かって 
左肩にも掛かるので
それを逃がす為
体を開く…ひねってしまう上
インパクトまでは
理想的には 左サイドの方が
低い筈のダウンスウィングが
アップスウィングになってしまう

左サイドが上向きで
体は開く けれど 腕やクラブは残す
クラブは下げるけど
自分は上向き
気持は左体重にしたいけど
これでは 必ず 体は右に乗ったまま

肘も壊すし
首にも負担が掛かるし
右腰は潰れたまま
体が反った状態…

新種の拷問みたいだ・・・