長い事待っていた、
L型ブリストルタイプパターが

うちにもやってきました。


自宅の廊下に
置いてある簡易パターマットで転がし感を

ソコソコ掴み、コースへ出陣致しました。


店長さんにも言われていましたが、

生きた芝の上で使うのと

死んでいる人工芝の上で使うのとでは

まったく使用感は異なり、

ナント気持ちの良いコロガリなんでしょう。。。

160_56949

トロトロと、ゆっくり

“芝の上を滑るように転がる”この感じは

河川敷の平均的なグリーンを

オーガスタナショナルのようなグリーンに

変えてしまいます。


スタートのイチニホールは距離感に

戸惑いましたが、ボールスピードを

よく「感じる」ように言われたのを思い出し

そのボールスピード通りに、ヘッドを動かすと

何とも言えぬ、しっとりしたコロガリに

変わってきます。


まだまだショットの全体は悶絶の域を

脱しませんが、このパターがあるお蔭で

クラブもより楽に動かせる上、

グリーンに乗りさえすれば だいたい計算通りに

ホールを終えることが出来るので

ショットに対する重圧も、

かなり軽減出来る気がしました。


グリーン周りからのアプローチでも

パターを多用しましたが

まるで カップに吸い寄せられる かのように

カップに近づくほど 伸びていくような

そんな気がしました。


2

L型パターにありがちな

当たり所による距離や方向の

ブレもなく、今までで一番簡単なパターに

感じます。


ブログにも書かれていた通り、

ショートやミドルパターで

カップの中にまっすぐ狙えるか、どうか

勇気を試されています。


余程、すごい傾斜でない限り

その距離をカップの中に打たないと

そのまま抜けてしまいます。

なかなか怖くて、カップひとつ外してしまったり

するのですが、パターヘッドそのものを

カップに入れるつもりで「ショット」すると

ショートパットは百発百中?かもしれません。


次の実戦が楽しみです。