多くのお悩みの方
その悩みのキーポイントになっているのが
クラブを 何で 振るか?! というコトになります

BlogPaint

このアングルからの映像には
クラブの上下の動きは捉えられませんから
この映像での クラブの動きは
補足的なモノを除き すべて
脚のアクションによる体の動き
というコトになる訳ですが
ここの部分が つかめていない
ような気がします。

ですから この次 もしくはその次で
体がボールに正対した時には
ボールは打ってしまう訳です

多くのゴルファーは
腰から動かし クラブは残す
クラブは溜めて・・・ みたいな
キーワードから そこを覚えてしまいます。

本来 捩じることの難しい上半身を
数万回の訓練によって 身に付けた
気持は ボディターン
結果は ハンドターン スウィングは
なかなか 捨てきれないモノでしょう。

特に 体 クラブ という
ワン ツー のテンポを
ワン  に変えるのはかなり難しい…

やはり ここは
小さなショット アプローチ 等で
体に染み込ませていくしか 無いと思います。
肘さばき だけでの アプローチも有効ですが
練習と思い 体さばき 回転だけで
打ってみる練習も大変有効です。

しっかりと 左右の軸足を作る
体の構造にのっとった 回転をしないと
左脚を軸足に出来ず
 ボールに届かないショット
になってしまいます。

軸足 直立脚の変更が基本で
体の向きの変更を行えば
距離感はともかく 非常に確実な
ショットを繰り返せるようになります。

それを覚えていけば
腕の作業は 殆ど無い に等しい程
腕は動かさず スウィング中に
ホンノ少し肘を動かすだけ…
それも 体の向きの変更の補足の為
少し動かすだけ と言うのを
感じ取れるようになると思うのですが…

重いヘッド 柔らかいシャフトのクラブを
ワンツー の方法で打てば
シャフトは捩じられ
 クラブのより重くなり
よりロフトは開き うまく行きません。
重い 柔らかい は良い方には
全く働きませんから
 ダフル トップ チョロ
そして スライス
もっと 酷くなると 真っ直ぐ行くけど
遅い 飛ばない 緩い球になってしまいます。
好きで 腕で振っている訳 ではない
のかもしれませんが 必然も
自分が起こしている訳ですカラ…