クラブが上から入ってくる
のを簡略化して 説明すると

実は 体の向きの変更…回転と略します

と 
前傾姿勢の維持

によって 斜め上からクラブが入ってくること
が基本中の基本です

これでゴルフクラブは
 その各自のロフトと長さによって
破壊力はスピンと打ち出し角度に割り振られ
破壊力は所定のボール飛距離になります。

このクラブの回転・・・横の回転を
腕の動きで行ってしまうと
ロフトと入射角度が クラブ也 に
なる可能性は 格段に落ちてしまいます。

ここまでの過程であれば
ベルトのバックルにクラブを固定し
それで 行うのと同じです。

しかし これでは クラブヘッドの
重量&高さの位置エネルギーや
それによる落下速度、
そして人間の運動エネルギーが
加わらず お望みの距離になりません。

そこで クラブヘッドの位置を高くするのですが
原則は バックルに固定した状態 です
それよりも ヘッドの道のりが長くなる と
クラブは加速度的に 右にずれ始めます。
体に対し クラブに右になると
クラブの構造上 更にロフトが開き 重くなり
重くなると 右サイドが下がり易く なるので
更にずれることになるでしょう。

で 本題に近づいてきたのですが
手元を 左に動かしながら(回転しながら)
ヘッドを トゥ-ヒール方向 ライ方向
に振ると いったい どうなるでしょう???

ゴール とも言える インパクト付近で
とりあえず アドレス時のクラブ姿勢で
ゴールを迎えられるでしょうか

NO です

クラブは 道のりから外れ
道のりが長くなるので 開き
 そして 重くなります

これから 本体が左に移動するのに
先端部 一番大きく移動する部分が
下に動いたら・・・
空母の上に着陸するはずのヘリも
空母の移動を計算に入れていなければ
着水してしまうでしょう。
下に振る・・・ライ方向に振ってしまうコトで
クラブも重くなり 長くなり
間に合わせるのには 着水寸前で
横移動が必要になる。
その時には クラブが作る不可抗力に
よって 体の姿勢が崩されてしまい
何が上で 何が左何だか滅茶苦茶…

練習豊富 運動神経発達の方は
左サイドを上げながら 体を早めに回し
本来 右胸当たりの前に堕ちる筈のヘッドを
ボールのところにズラシ、対処するでしょう…

訓練によって ダフリ トップ 
から 離脱すれば 今度は フック 引っかけ
のあおり打ちの恐怖が待っています。

20090801 2009_09_01_01_25_27-334フレームショット

まず クラブの上下
というのを 正しく認識するのには
ヘッドが上下するのではなく
クラブそのモノの位置エネルギーが上がれば
良いのです。
もう一段 簡単に考えれば
必要な分 ヘッドでもなく クラブでもなく
それを持った 腕がすこし 上がれば
良いだけです

クラブヘッドは鎌首を自分の方へ
もたげているのですから
ゆっくりと グリップ部を上に動かす
もしくは 自分の胸に近づける
そんな アクションで ヘッドは
上がろうとし始めます。

下げる時は クラブヘッドの形は
ヘッド自体が下に下がろうとしている
    
のではなく
クラブを下に下げる
グリップ部を下に下げる
それを持った腕を下に下げる
負荷として掛かっている筈です

始めに戻って
回転に沿った バックルに固定された
その軌道 と 同一
の道のりを取るためには
クラブ・・・
背骨から ヘッドまでの
クラブの長さ を短くして
対応する必要があります。

バックルで作る 土星の環(横から見ている)
は もっときつくなって
降りてくるのですが
クラブを短くし
ヘッドの重さの負荷に負けないよう
その軌道上で 腕を使って
補助して上がる必要があるのですが
  → 
それを刷毛塗
と言いますが
降ろしてくるときに それを
支持してあげる 腕の動き
刷毛塗は 下に動かす
と言っても
 それは ライ方向
ではなくて
ロフト方向を指します。

要約すると 正しい意味での
下に動かすは ロフト方向に沿って下
ということ なのです。

だから ロフト方向が下向き の時間
それは 
体が右を向いている時間
の事を指します。

腕を使って クラブを下に動かす
その時間を 正面に向いてから
すれば それは 単に横に動かす
事になりますし
その多くの場合は クラブと体の
構造上 上に振ることになるんです。
その唯一のチャンスを逃し
下に振れば それに連動して
前傾姿勢も解くので
物凄く 繊細な 複雑な
縦横斜めの動きを たった0.2秒
位の間に 処理しなければ
ならず 多くの方が30年行っても
練習せずには 繰り返せない奇跡
に近い行為 と言えるのです。